FC2ブログ
伊勢原
 津久井方面へと延びている道を歩いていく。結構、車の往来が多い。東名高速道路の高架をくぐったあたりからは、遠くに山が見えてきて眺めがよくなってきた。
 歩いてきた道と分かれて、日向(ひなた)方面への道に入るあたりで、大きなコンクリートの四角が林立する風景になった。高架の工事に違いない。場所的にもしかして?と思って、工事内容に関する掲示を見たら予想通りだった。
 工事は「新東名高速道路」のものだった。本当に造るんだなと思いながら掲示を見つめた。もう静岡県内などでは完成している区間もあるのだから、本当に造るも何もないのだが、神奈川県内の区間を造るのは、その住宅密度からいって難しいのではと思っていた。
 必要だから造るのだと理解はするが、コンクリートの四角が山に向かって延びているのを見ると複雑な気持ちになる。数年前に開通した圏央道は、相模川の土手の上にそびえ立ち、津久井城や八王子城のあった山をトンネルでくり抜いて造られた。
 自然保護、環境破壊について、色々と語れるだけの知識はないけれど、こんなのどかな地に延びていくコンクリートの列に、強い違和感を抱き、悲しい気持ちになった。
 さて、私が歩いている日向方面への道は、そんな工事現場からは、だんだん遠ざかり、前方に広がる山並みに向かって延びている。夏を思わせる暑さの中、黙々と歩く。
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト



2017.10.21 Sat l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1614-85d81331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)