FC2ブログ
山北
 山北駅に戻ってきた。途中、沿道にある盛翁寺に立ち寄る。境内には猫が横に伸びて昼寝をしていた。暑い昼下がりだ。
 駅の南側には山北鉄道公園というものがあり、そこにはかつて御殿場線が東海道本線だった時代に活躍していたD52型蒸気機関車が保存されている。
 東海道本線は開通当初は、熱海を経由せず今のの御殿場線のルートで沼津に抜けていた。山北は山の入口駅であるので、ここで機関車が増結されていたりしたという。つまり、昔は大きな機関庫のある鉄道の要所だったのだ。
 今でも駅の周りは大きな敷地が残り、往時の賑わいを感じさせてくれる。これから訪れる温泉も、おそらく鉄道敷地の跡に建ったものだろう。
 鉄道公園の脇に真新しい建物がある。リハビリセンターなども入っている高齢者向け施設で、この中に「さくら湯」というものが入っている。
 さくら湯に来るのは二回目だ。今日はちょっとしたハイキングをしてきたので温泉日和である。中は建物同様新しく、休憩室も備える。浴槽は露天風呂もあるので、ゆっくりとくつろぐ事の出来る施設だ。
 一時間近くのんびりしたあと、山北駅に向かった。駅前はひっそりとしている。熱海線と呼ばれていた国府津~熱海間が、丹那トンネルの開通で沼津まで繋がると、熱海線ルートが東海道本線となり、国府津と沼津を結んでいたルートは御殿場線と改称されローカル線になった。
 現在の御殿場線は単線であるが、所々に複線だった東海道本線時代の遺構が残る。使われなくなったトンネル。錆びた鉄橋。そして、山北駅も山の麓のローカル駅として、静かに佇んでいる。
(SONY NEX-6 LENS:SONY SEL 16-50mm f3.5-5.6 OSS)
スポンサーサイト



2017.09.24 Sun l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1598-1c735462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)