馬堀海岸

< 2006/5 観音崎の旅
 (この撮影紀行は二年前の5月のものです)

 2006年5月6日土曜日、天気が良かったので三浦半島に出かけました。行き先は横須賀市の観音崎です。この日の撮影散歩カメラは、デジカメはミノルタ ディマージュXi、銀塩フィルムカメラはヤシカ エレクトロ35GTNという昭和40年代のカメラです。
 このヤシカ エレクトロ35というカメラは、かつて大ヒットした大衆機です。大衆機と言うと、今なら3~4万円クラスのデジカメという事になりますが、この時代はカメラはまだまだ高価なものであった事もあり、造りがしっかりしておりまして、やや大ぶりな黒いボディはなかなかクラシックカメラとしての趣があります。もっとも、このカメラに対しての私の購入金額は5千円にも満たないのですが… そんなヤシカの、私にとっての初撮りでもあります。
 堀ノ内駅で浦賀行きに乗り換えて、二つ目の馬堀海岸で下車。馬堀は「まぼり」と読む。この辺りは落ち着いた雰囲気の住宅街で、道端に花を育てている家が多い。穏やかな空気に包まれて、駅から10分足らずで海岸に出る。
 海岸の岸壁には、地元のイラストレーターによるイラストが描かれていて華やか。真っ直ぐ延びる道、左手の海には猿島が浮かんでいる。この辺りは散歩をする人も多く、地元の人の憩いの海岸のようであった。
 早速、ヤシカを取り出し猿島を撮影。ピントは無限遠に固定、絞り優先AE機であるヤシカ エレクトロ35はレンズの絞り値を自分で決めるカメラ。F8~11辺りで淡いブルーの海を撮る。
スポンサーサイト
2008.05.31 Sat l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/156-fb2256e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)