佃嵐崎
 和田長浜海岸から長井方向に、海岸線沿いに戻っていくと、向こうから中学生の集団がやってきた。次々とやってくる群れの人数からすると、一学年全員といったところだろうか。着ているジャージの背中に書かれてある学校名は、私の家から割と近い場所にある学校だった。
 暑さをものともせずはしゃぐ中学生たちとすれ違いながら、その先に向かう。やがて、海岸線は右に折れて入り江の入口となった。佃嵐崎である。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2017.07.12 Wed l 横須賀西部(相模湾側) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1559-daf78e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)