久留里城
 久留里駅前から城址に延びる道は商店が少し並び、入口には天守閣を模したアーチが飾られていた。
 徒歩三十分くらいで低い山間の中にある城址の入口に着いた。
 尾根に上がっていくと、やがて資料館が現れたので入館。無料である。館内は久留里の歴史の紹介、甲冑や刀や槍、農耕器具の展示があり、なかなか面白かった。
 資料館を出て、更に道を登っていくと、井戸の跡もあり、本丸が近づいてきた雰囲気がある。すぐに本丸に到着。
 本丸には模擬天守が造られていて、そこに全国の現存天守(江戸期の天守)十二城が紹介されていた。
 私の興味は、戦後に造られた模擬天守ではなく、横にある天守台である。ここに建っていたであろう建物を想像して、この山の上の城を楽しんだ。
 久留里城は、戦国時代に房総半島を治めていた里見氏の拠点であった。このような山間に造ったのは、攻められにくいからだろう。もちろん、麓には城下町が形成されていたようである。
 帰りは裏道のような存在になっている山道ルートを通って帰った。このルートの方が、山の斜面に造られた堀切などを見学しやすいからだが、まあ、山道なので歩いている人は居ないだろう。そう思っていたのだ。しかし、好きな人は居るもので、ご婦人のグループが登ってきた。この急な道に苦戦しているようで、少し会話をして、私は麓に向かったのだった。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2017.04.26 Wed l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1514-51366e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)