豊川稲荷
 旅の三日目は、奈良からJR関西本線に乗って始まった。柏原で降りて、近鉄道明寺線に乗って道明寺に向かう。日本一営業路線の総距離が長い民鉄である近鉄。この道明寺線で、その近鉄の全線乗車を達成した。
 午後、東海道本線で東に向かっていく。大阪~米原~大垣と乗り継いで、やってきたのは豊橋。駅が改装されて、コンコースが新しくなっている。一旦、改札口を出て、ここからは青春18きっぷではなく、旅の初日に買ったmanacaを財布から取り出し、自動改札機にタッチして入場する。私が向かったのは名鉄線のホームである。
 名鉄名古屋本線で二つめの国府(こう)駅で乗り換える。ここからは名鉄豊川線が出ている。思っていたより乗車率がよく、座席の七割くらいが埋まって発車。
 電車は、やがて豊川市の町並みに入り、終点の豊川稲荷駅に着いた。これで、私は名鉄の全線にも乗りつぶした。名鉄は近鉄に次ぐ路線規模を誇る民鉄である。どちらも日が出ている間に一日で全線に乗るのは不可能な規模だ。
 豊川稲荷は開けた景色な境内で、本殿も大きい。参拝のあと、参道沿いの商店街を歩く。どの建物も、裏道も、とても昭和していて好ましく感じる町。時間の関係でゆっくり出来ないのが残念だ。
 帰りは青春18きっぷを使って、JR飯田線で豊橋に向かう。時間的には、豊橋まで乗換がない、このルートの方が行きより早い。豊川駅は真新しい駅舎で、豊川稲荷への案内も充実していた。商店街の各店舗の案内マップを掲げているのは、観光客にとってありがたいサービスと思う。
 そして、御稲荷さんということで、きつねのマスコットもいくつか飾られている。こういう演出も好ましく思うのである。
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト
2017.04.12 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1506-d918675d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)