生駒
 夕方、近鉄電車で生駒に着いた。駅前から連絡通路を歩き、すぐの場所に鳥居前駅がある。この駅はケーブルカーの駅で、正式には近鉄生駒鋼索線という。開業は1918(大正7)年。日本最古のケーブルカーである。
 生駒ケーブルは他のケーブルカーに比べ少し変わっていて、途中で乗り換えがある。鳥居前を出たケーブルカーは。ひとつめの駅である宝山寺駅までの運転で、その先の生駒山上駅方面へは乗換となっているのだ。路線名も、宝山寺線と山上線に分かれている。
 そういう訳で、まずは宝山寺線に乗る。ケーブルカーなので急勾配を登っていくが、沿線が宅地化されていてマンションまであったりする。そういう立地なので踏切も存在する。宝山寺線には三カ所の踏切がある。普通のケーブルカーは観光路線である事が多いが、宝山寺線は通勤通学にも使われているという。
 私が乗っているのは、犬のマスコットをデザインした「ブル号」で、猫の「ミケ号」という車両もある。写真の右に停まっているのは予備車両で、多客時などに運行されるそうだ。
 宝山寺駅で降りる。左に改札口があり、その先に階段を上がると生駒山上行きのホームである。山上線の車両はケーキをイメージしたデザインの「スイート号」。他に、オルガンをデザインした「ドレミ号」という車両も山上線で走っている。
 山上線は観光路線であるので、宝山寺線と比べ本数も少なく、終電も早い。基本的には山上にある遊園地のための路線という感じである。
 山上線は途中駅があり、梅屋敷、霞ヶ丘の二駅ある。宝山寺線と異なり山上線は山の中を走る。後方の窓からは、生駒の町並みがパノラマ展開している。
 終点の生駒山上駅は、駅を出てすぐ遊園地の入口という立地だった。空が広い。猫がのんびりくつろいでいる。のどかだ。
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト
2017.04.07 Fri l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1504-44f00617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)