世田谷城
 かつて、世田谷城という城があった。北条家の家臣であった吉良氏の城である。宮の前駅から徒歩10分とかからずに世田谷城址に着いた。城址といっても小さな公園のような構えで、案内板は立っているが、城の面影を辿るには遺構は多くない。ひとまず、案内板のそばにある土塁の跡に上ってみたりする。
 見た感じは住宅街にある公園で、土がこんもりと盛り上がった所が点在しているのが普通の公園と違う感じで、ここに城があった事を教えてくれなくもないが、案内板がなければ、ここが城址とは気づかないかもしれない。土の盛り上がりの間を通る道は空堀の名残りなのだろうとは思うが、整備されているので遺構らしさは薄い。
 公園は奥行き数十メートルで柵により行き止まりにされており、10分とかからずに見学は終わる。柵の向こうは空堀も大きく、土塁も立派だが、隣接して住宅が入り込んでいる。おそらく住民への配慮か、土塁で子供が遊ぶのを避けるための危険防止かで立ち入り禁止にしていると思われた。
 しかし、実は世田谷城は公園の一画だけでなく、すぐ近くにある豪徳寺までを含めたものである。私は豪徳寺に向かった。
(FUJIFILM X100)
スポンサーサイト
2017.02.19 Sun l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1482-2b7d724f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)