三峰口
 御花畑駅から電車に乗り、影森駅で乗り換え。ここからは2両編成と短くなるため、運転区間を分けているようだ。駅は山の麓にあり、ここから山間に入っていくという雰囲気に満ちている。
 開けた谷に沿いながら終点の三峰口駅に着いた。写真を撮って改札に向かうと、駅員さんがバスの説明をしている。三峰神社前に向かうバスは本日あと二便で、この時間の折り返しとなるバスは三峰口駅での電車の接続はよくないので、帰りは三峰口駅で降りず、そのまま終点の西武秩父駅までバスを乗り通してくださいと乗客に話している。自社の電車に誘導せず、利便性を考え、帰りはバスで帰ってくださいという事で、当たり前の事ではあるかもしれないけれど、親切だなと感じながら横で聞く。
 神社に行くには時間的に厳しい感じでもあるようなので、駅の周辺を歩くことにした。駅の北側は「秩父鉄道鉄道公園」となっている。これは側線を利用して、引退した車両を展示しているもので、貨物輸送が盛んな秩父鉄道だけあって貨車が何両も展示されている。
 ふ展示車両の先には廃車になった電車もあった。こちらは傍に近づけないようになっていたので、望遠にして撮影する。「古豪ここにあり」という感じの風貌が頼もしい昔の電車を眺めながら。夕方の山の風に吹かれる。
(SONY α700 LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
スポンサーサイト
2017.01.31 Tue l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1474-f95fbbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)