須賀
 湘南大橋から下りて、相模川の土手に沿うように歩く。左には下水道処理場があり、金属管にあふれた水道管が幾重にも連なっている。右側は土手に広がるゴルフ練習場。巨大なネットが河口との境に立っている。
 河口に向かって歩いていくと、干潟のような風景が川に広がりはじめた。このあたりは茅ヶ崎市ではなく平塚市である。普通、市と市の境界に川が存在している場合は、市境が川になる。茅ヶ崎市と平塚市の場合も相模川を境にして市の領域が変わる。しかし、河口付近だけは異なり、少しだけ平塚市が茅ヶ崎市に浸食するように存在している。ちなみに、平塚市となる河口付近の町名は須賀である。
 須賀という地名は、湘南大橋で相模川を越えた向こうにある漁港に須賀港というものがあり、以前にこのブログでも平塚駅から須賀港に向かう路線バスで散策した記事を書いた。なぜ平塚の地名が川の向こうの茅ヶ崎にあるのか?
  これは、相模川が大雨による氾濫などで流域が変化していったことによるものらしい。つまり、川の向きが変わってしまった名残りなのだ。それを窺わせるように、河口付近にある砂州は変わった形をしている。私は地図を見ながら、以前からここに行ってみたいと思っていた。それでは、その砂州に向かってみる。
(Canon EOS Kiss DIGITAL N LENS:Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6)
スポンサーサイト
2017.01.11 Wed l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1464-cc973df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)