笹下城
 成就院を参拝したあと、下の台地に下りた。広大な空き地が広がり、そこは宅地造成が行われていた。かつて、ここにある企業の社宅が建っていたそうだ。城の遺構はかなり消失したようだけれど、この広々とした空間と、その後ろの本丸跡方向の高台が、ここが城址であることを思わせてくれる。
 さて、笹下城を語る上で、間宮家と山中城(静岡県三島市)についても語っておきたい。
 笹下城は横浜の久良岐郡を治めていた間宮家の城である事は既に書いたけれど、玉縄北条家に仕えていた間宮家は、豊臣秀吉による天下統一のための関東制圧戦である「小田原合戦」において、最初の戦場となった山中城に多くの兵を送り込んでいる。三島と箱根の間にある山中城は、西方からの敵襲に備えた巨大な城であった。この城の設計を行なったのが、当時の間宮家の当主である間宮康俊であった。戦国期の城作りにおける北条家のノウハウには定評があるが、間宮康俊は武士であるだけでなく、城の設計の天才といえる人物であったため、豊臣軍の来襲に備えた門番のような城として山中城の設計を依頼され、そして、自分の設計した城で行われた最初の戦いで散った。
 圧倒的な数的不利の状況で勇猛果敢に戦ったという話を、小田原合戦後に関東を治めることになった徳川家康が知り、間宮康俊の娘お久を側室に迎えた。更にお久の要望で、山中城の跡地に宗閑寺というお寺を建て、北条軍も豊臣軍も一緒に戦没者を祀った。
 山中城は東海道を挟むように建っていたので、現在も国道1号線を挟むように城址が残り、三島市によって、その機能美に溢れた大きく複雑な堀が復元されて整備されている。城マニアな人も、そうではない人も、伊豆や箱根のドライブの折に、ぜひ一度立ち寄ってほしい。
 「山中城の見どころ」
(PENTAX Q LENS:PENTAX 02 STANDARD ZOOM ※135伴換算 27.5-83mm F2.8-4.5)
スポンサーサイト
2016.12.15 Thu l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1451-114ef198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)