等々力
 J1リーグに所属する川崎フロンターレのホームスタジアムである等々力競技場に行ってきた。等々力は「とどろき」と読みます。
 等々力は昨年改修によりメインスタンドが一新され、二層建ての立派なメインスタンドに生まれ変わり、収容数も五千人ほど増えた。結果、フロンターレの平均観客数は二万人を超えている。毎試合満員が続く等々力の賑わいは、フロンターレがJ2に居た頃の平均三千人台の観客数だった時代を生でたくさん観てきた身には隔世の感がある。
 そんなわけで、改修後はじめて等々力に行ってみた。最寄の武蔵小杉駅周辺の発展ぶりも凄まじいものがあるけれど、外から見た等々力のメインスタンドの堂々たる佇まいも相当なものがある。駅前からグッズを身につけ歩く人が大勢いたが、スタジアムのまわりはお祭りムードである。スタジアム前の広場では試合前のイベントが行われている。等々力での試合は二週に一度のお祭りと同義であるのだ。
 キックオフ一時間前に着いたけれど、自由席はほぼ満席。アウェイ広島側の二階席も一応ホーム自由席であるので、そこに空席が多少残っているのを見つけ何とか座れた。ちなみに、この二階の一番端にも少しだけアウェイ用の席が用意されていて、ホーム側と仕切られていた。
 Jリーグは一部クラブを除き、割と家族連れが多い印象があるが、中でも等々力は家族連れの来訪率が高い。自転車で来ている子供たちもいる。球技場ではなく陸上競技場なので見づらいのが難点だけれど、ここのアットホームな雰囲気は好きである。この試合は見事2-0で勝利となり、スタジアム全体は大きな拍手に包まれた。
(iPhone5) ※スイングパノラマ機能で撮影
スポンサーサイト
2016.11.05 Sat l 川崎北部・横浜港北 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1427-beda29c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)