岡津城址
 小川に架かる小さな橋は鷹匠橋という橋で、ゆるい上りの先にある小学校の門のあたりまでが大手道だったという。小学校の横には三嶋神社という神社がある。神社のまわりには土塁が少し残っていて、神社と小学校の間から中学校に向かう坂道は内堀の跡だそうで、なんとなく雰囲気は残る。
 岡津城は、扇谷上杉氏の上杉朝良の居城だったが、永正九年(1512年)に玉縄城まで進出してきた北条氏によって攻略されたという。相模国を治めていた扇谷上杉氏の栄華を感じさせる大きな城址であり、周辺の地形を見ても、そこに支城があった雰囲気の感じられる規模である。遺構は少ないものの、往時をイメージしやすい地形に感嘆しながら現地をあとにした。
(岡津城についての詳細は、こちらのサイトを参照)
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト
2016.10.30 Sun l 横浜郊外 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
鷹匠橋,,良い名前の橋ですね。
今はちょっと味気ない感じに見えますが、
昔はお殿様が鷹狩にこのあたりにきたということなのでしょうね。
ちょっと昔を想像したりしてみています。
2016.10.31 Mon l aunt carrot. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。

地名というものは色々と歴史を想像させてくれるキーワードですね。
この写真を見ていると、橋が木端で、その先の少し上りになっていいる道の感じ、いかにもこの先に大手門があったという雰囲気は感じられます。
2016.11.05 Sat l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1424-aa0029a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)