岡津
 相鉄線の緑園都市駅に着いた。名前の通り周囲は緑に囲まれた新興住宅地である。駅の前にはスーパーがあり、その先の交差点には大きな敷地に築かれた有名女子大が建っている。コンデジとはいえ、カメラを持って周囲を歩いていると怪しい人である。
 有名女子大を抜けると、その先は住所が変わる。今回の私の目的地は勿論女子大ではなく、ひらがなにすると少し似ているが城址である。出発前に家にある神奈川県の地図で場所は確認してきたが、駅からの道は入り組んでいるし、予想していたとおりに地形が丘になっているので見通しがよくない。城址の名は「岡津城」であるので、地名が岡津になったあたりで進路を南から西に変える。
 それらしき丘を見つけ近づいてみたが、どうやら違うようだ。こういう散歩では敢えて地図を見ないで歩くことにしている。道に迷うことで発見できるものがあるかもしれない。そんな理由からだ。予備知識としてある「岡津城のまわりは小川が流れていて、それが天然の堀になっていた」を頼りに、城址を探していく。
 迷いながら歩いているうちに、住宅地から畑と小山の中に出る。横浜とは思えないような田舎的な風景になごみながら歩く。細い尾根道で子供を連れたお母さん二組とすれ違った。すれ違う際に端に身を寄せて道を空けるとお礼を言われた。こういうところも都会とは違った人の気質を勝手に感じ、ぽかぽかするのであった。
 尾根道から下りると、そこは駅前とは違った庶民的な住宅地になり、その中を幅5mもない小川が流れていた。もしかしてこの辺りなのでは?という願いのとおり、すぐに近くの丘の上に学校の校舎が見えてきた。もうひとつの予備知識として、本丸跡は学校になっているという事を知っていた私はようやく一息つくことが出来、近くの小さな公園で昼休みとすることにした。
 公園から再び丘に入り、木に囲まれた道を歩くと、やがて小学校になった。この辺りが大手口の跡だそうである。橋を渡り、先ほどの小川よりも川幅の広い川から周囲を撮った。
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト
2016.10.29 Sat l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1423-4be9e06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)