東山北
 10分ほどホームで雨宿りをした。わずかな屋根のスペースの下で空を見つめていた女子高生は、同じ電車から降りた友人らしき男子高校生に声をかけられて、一本の傘で帰っていった。傘を持っていない人は地元の人間ではないようで、一人雨宿りをしながら景色を眺めて過ごした。
 東山北駅は戦後に造られた、御殿場線としては新しめの駅で、駅舎はなく、屋根が架かっているだけの小さな玄関をくぐると、左右にスローブのような細い坂道が下に向かっている。私は左に下りてみた。
 下りると、周辺の散策コースを説明した案内板が立っていた。色々と見どころがあるようで、その中に河村城址もある。河村城址はそういえば山北町だったなと思い出し、行ってみようかと思ったが、こちらは山北駅からのほうが近く、時間的にものんびりしていられないので今回はあきらめた。
 案内板の先には山北高校が建っている。下校の生徒が歩いていてもいい時間だが、道はひっそりとしている。住宅はそれなりにあり、少し開けた農村といった風情のある駅前だ。空はだいぶ青空になってきた。少し駅周辺を歩いてみよう。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME 135判換算47mm F1.9)
スポンサーサイト
2016.09.21 Wed l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1400-98f7cdf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)