国道
 さて、さっそくペンタックスQの試し撮りに出かけることにした。この撮影日の時点では、まだストラップを買っていなかったので近場にしようと計画した。昼過ぎに所用が入ったので、夕方の短時間で撮影する流れになり、新しいカメラを買った時に試し撮りに行く場所として定番にしている鶴見線を行先に選んだ。
 鶴見駅に着くと、ちょうど10分ほど前に海芝浦行きが出たところだった。ホームの後ろが海ということで人気のある駅である。二時間に一本くらいの間隔と本数の少ない海芝浦行きだけに、乗ってみたかったと惜しい気持ちになる。やってきた浜川崎行きに乗り、私は次の駅である国道駅で降りた。
 国道駅はその名の通りに第一京浜国道こと国道15号線が駅の横を走っている高架駅である。ホームのあるガード下は昼でも暗く、その造りは戦前そのまま、まさにレトロ風景な駅なのである。ソニーNEX-6を買った時もここで撮影したなと思い、その時と同様にモノクロを中心にいくつかのエフェクトを試してみた。 (国道駅にてソニーNEX-6の試し撮りをした時の記事)

 鶴見線は鶴見駅のホーム前にキセル防止のためか改札が設けられている。鶴見から先の駅は無人駅だからなのだが、時間帯によってこの国道駅は駅員が立っている。簡素な改札にあるICカードの機械にタッチして降りる、
 改札の前は写真の通り、暗いガード下になっていて、一軒の飲み屋や釣り舟屋がある。以前はもう少し店があったようで、看板だけ残っていたりするが、その眺めは殺風景なものである。何枚かカラーでも獲ってみたが、やはりこの場所はモノクロがしっくりくる。
 Qはボディ前面にあるクイックダイヤルに撮影設定を割り振って、4つの設定を登録できる。私はスマートエフェクトを選択して、その中から「ハードモノクローム」、「桜ほのか」、「Auto110モード」、「あでみやび」を登録してある。そこに入れた「ハードモノクローム」を選んで撮影した。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 STANDARD PRIME 135判換算47mm F1.9)
スポンサーサイト
2016.08.28 Sun l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1386-7a138034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)