三崎
 北条湾から狭塚川に沿って入っていくと、細い道がある。そこにスナックの跡みたいな建物が並んでいる。昔、このあたりには「北條遊郭」あるいは「北条花街」と呼ばれる遊里があった。正確にはどのあたりか資料が足りないまま来たのだが、この道の雰囲気はただものではない。
 字は取れてしまっているものの、「ちとせ」という屋号が判別できる建物もあり、全体的な朽ちはてぶりがレトロな道なのだが、それほど長い道ではなく、すぐに県道に出る。諏訪新橋という橋のすぐ近くに、この付近のこと、つまり遊郭についての説明板があった。この説明板がある辺りが遊郭のあった場所らしい。
 僅かながら往時の雰囲気を残す建物もあるが、すでに周辺は駐車場や空き地になっている。つまり、今この建物がない部分に何軒も建物があったのだろう。そんな気がしてしまうほど、空き地が目立つ場所である。
(FUJI FILM X100)
スポンサーサイト
2016.06.26 Sun l 三浦 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1355-2de7df7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)