十日市場
 西日の射す上り電車に乗って甲府から東に向かいます。甲府駅で買った赤ワインのワンカップの旨さに浸りながら、次の目的地をどこにするかとTさんと協議。以前行ったことがある春日居町の古い温泉を第一候補にしていたものの、近年廃業していたことが温泉サイトでわかり、どうしようかと思案しているうちに電車は甲州市を抜けていく。流れで大月で降りて富士急行線の旅をすることに決定。
 Tさんが富士急行沿線の各駅を紹介しているサイトを見つけ、どの駅で降りるかを話し合った結果、「無人駅」であるという点に惹かれ十日市場駅にしました。
 大月を出た時は夕陽の日差しに包まれていた電車も、山あいに入っていくにつれ、太陽が山に隠れた黄昏色の中を走っていきます。元京王線の電車による四両編成は前二両が富士山をイメージした青と白、後ろ二両が京王線の色です。すっかり日が落ちてきた十日市場に到着。花が咲くホームが一線だけの無人駅。
 日が暮れるまでに早足で駅の周辺を散策します。小さな駅舎から延びる細い道がゆるい坂になっていて、駅前の風景がとてもいい風景。民家の間を歩いていくと、やがて永寿院というお寺に着きました。小さな境内に入ると湧水がありました。あとでワインを飲むために甲府駅で使い捨てコップを買っていたので、それを使って水を汲み飲みます。「うまい!」透き通った水は味もクリアでとても美味しい。近くにあった説明板により、この湧水が名水百選に選ばれているほどの水であることを知り納得。
 お堂に手を合わせて感謝をして引き上げます。周辺は桜と菜の花が咲いていて静かな里。駅に戻ってきた頃、あたりは暗くなってきました。
 大月に戻り、帰りは特急に乗ろうということで切符を買って特急の時刻を確認したあと、駅前の居酒屋で軽く飲みました。大月の地酒で乾杯。帰りの特急では勝沼で買って昨夜飲んだ際に、まだ少し残っていたロゼワインを飲みながらしみじみ。特急かいじ号は夜の中央本線を快走していきます。
(KONICA MINOLTA α Sweet DIGITAL LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
スポンサーサイト
2016.05.07 Sat l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1322-007d8fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)