武田信玄公
 二日目、小雨が降る中、ぶどうの丘の駐車場前のバス停から市営の巡回バスに乗り、勝沼ぶどう郷駅に向かいました。まずは最初の目的地「山梨県立博物館」へ。
 石和温泉駅でコインロッカーに荷物をしまっているうちにバスが行ってしまったので、タクシーで博物館に向かいます。駅前通りから笛吹川を超えて到着。運転手さんが帰りもよろしかったらと連絡先の電話番号を書いた紙をくれました。手際がよく親切だ。
 博物館は入館料1000円のところ、山梨県民か県内の宿泊施設で前泊した方は840円とのこと。ぶどうの丘で泊まったことを告げると担当のお兄さんが「僕は甲州市なので、あそこにはよく行くんですよ」との事で、入口まで案内されながらぶどうの丘の温泉の話をしました。
 今回、この博物館に来たのは特別展「武田二十四将展」を見るためです。入口に武田軍が愛用していた甲斐の馬「黒駒」の実物大模型があり、「どうぞ跨って記念写真を」と係員におすすめされました。
 展示物は貴重な書状などをテーマ別に展示していました。歴史に疎い人でも理解しやすいように、各武将についての解説や、武田家の歴史などが丁寧に解説されておりました。
 一時間くらい展示を観覧し、記念の武将カードをもらって博物館を出ると、ちょうどバスが来る時間。バスで石和温泉駅に戻り、いよいよ甲斐の中心、山梨県の県庁所在地である甲府に向かいます。
 甲府駅に着くと空は夏のような青空。駅ビルで先にお土産コーナーをチェックしたあと、昼食のほうとう店へ。私はいつも甲府に来ると寄る店があるのですが。今回は違う店にすることにしました。駅前に出ると、武田信玄公の銅像が威風堂々と鎮座しております。写真を撮る観光客が何人もいます。私達もその輪に入って撮影。
山梨県立博物館 開館10周年記念特別展 「武田二十四将」 (5/23まで)
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/3nd_tenjiannai_16tokubetsu001.html
(KONICA MINOLTA α Sweet DIGITAL LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)
スポンサーサイト
2016.05.02 Mon l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1320-4031f66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)