勝沼
 景徳院から日川渓谷沿いの道を歩いて甲斐大和駅に戻り、中央本線の鈍行に乗る。ちょっとした峠をくぐると景色が開け、勝沼の広い盆地風景に変貌します。勝沼ぶどう郷駅に到着。駅の横に、かつて中央本線で活躍していた電気機関車EF64が静態保存されていました。
 駅からは丘陵地帯を歩き、勝沼ぶどうの丘に向かう。今夜はここで泊まります。私が予約の電話を入れてから間もなく、公式サイトの空き部屋情報が本日満室に変わった。シーズンオフの平日なのに大賑わいのようで何より。ぶどうの丘には何度も来ているのだけれど、いつもは日帰りなので泊まるのは今回が初めて。ぶどう畑の間の道を歩きながら到着。
 ここにはワインカーヴがあり、1100円で好きなだけ試飲できます。気に入ったワインがあれば、そばに積まれた製品でお買い上げも出来ます。毎回その試飲を楽しんで、気に入ったワインを買って帰っているのですが、今回は宿泊とあってゆっくり楽しめるのが嬉しい。もっとも、ワインカーヴは17:30までなので、少しでもゆっくり楽しめるようにと、15:30頃にぶどうの丘に到着してチェックイン、荷物を部屋に置いて即ワインカーヴへという流れです。
 勝沼のワインはとても美味しく一級品。毎回数十銘柄をセレクトしつつ一口ずつ試飲して楽しんでいますが、今回も白~ロゼ~赤の順で回りながら楽しみ、赤とロゼで一番気に入った銘柄を一本ずつ購入して部屋に戻りました。
 夜は施設内にある店でほうとうを食べたあと、館内にある温泉へ。ここは「天空の湯」という露天風呂があります。丘の上から町の夜景を眺めながら入る温泉は最高です。
 温泉を楽しんだあとは部屋でワインを楽しみました。部屋にはグラスなどワインを楽しむためのアイテムが揃えてあるのがまた嬉しい。ショップで買ったつまみのチーズセットもとても美味しく、二人で泊まるには広くて嬉しい和室の部屋でくつろぎながら静かな勝沼の夜を過ごしたのでした。(写真はぶどうの丘から駅の方向を撮った写真)
(KONICA MINOLTA α Sweet DIGITAL LENS:SONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM)

勝沼 ぶどうの丘
http://budounooka.com/
スポンサーサイト
2016.04.28 Thu l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1319-55ab8f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)