小田栄
 3月26日にJRのダイヤ改正があった。北海道新幹線開業のニュースがテレビを賑わせ、遂にJRから定期の急行列車と夜行客車列車が廃止されたという鉄道旅を愛する人間にには残念な出来事もあったが、そういう大きなニュースの陰でひっそりと新しい駅が都会の片隅にオープンした。
 JR東日本の南武線という電車をご存じだろうか?川崎と立川を結んで走るその路線は、多摩川と並行するかのように川崎氏市の南北を結んでいる。走っている地域にライバルとなる鉄道がないこともあって、常に混雑している路線だが、そんな南武線に支線がある。川崎からひとつめの駅である尻手(しって)から川崎駅の南方向に戻るようにして臨海部にある浜川崎まで走る二両編成の地味な存在の支線である。
 尻手を出ると八丁畷(京急線の乗換駅)、川崎新町、浜川崎となり、浜川崎で鶴見線と接続している。今回のダイヤ改正で川崎新町と浜川崎の間に「小田栄」(おださかえ)という駅ができた。周辺は昔からの住宅地であったが、町工場の移転などで空いた土地にマンションが次々と出来、それに合わせて買い物施設も充実してきた。そういった土地の変化に応えて出来た駅である。
 さて、開業して二日目の夕方に現地を訪れると、地元の人らしき人達がスマホやデジカメで駅の写真を撮っている光景がそこにあった。地味な路線の地味な新駅なので新聞の地方版に記事が載る程度であるけれど、こうして地元では歓迎ムードなのは幸先いいスタート。
 線路の横に小さく張り出して造られたホーム。必要最小限のものしかない無人の駅舎。そんな簡素な造りもほほ笑ましい。
(KONICA MINOLTA α Sweet DIGITAL LENS:KONICA MINOLTA DT 18-70mm F3.5-5.6)
スポンサーサイト
2016.03.30 Wed l 川崎南部・鶴見 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
昭和記念公園にいくときに川崎から立川まで電車にのりますが、その線ですか?
小さくて可愛い駅ができたものですね。
なんだかちょっとほのぼのです。
2016.03.30 Wed l aunt carrot. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。

そうです。その電車です。最近すべての電車が新型に置き換わったそうです。そんな中、支線の浜川崎線だけは30年前の電車ががんばっています。
次回に昭和記念公園に行かれる際に、川崎を出て最初に停まる駅尻手で向かいのホームを注目してみてください。一時間に二本程度の本数ですが、運が良ければ二両でたたずむ浜川崎線に出会えるかもしれません。
2016.04.02 Sat l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1303-b1a1501c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)