鳥屋
 清真寺を参拝したあと、すぐ横にある中学校のまわりを歩いた。リニアの車両基地について書かれた記事によると、この学校のすぐそばに基地は出来るそうだ。学校は緩やかな台地の斜面に造られていて、校舎の裏に回ると今歩いてきた県道と道沿いに広がる集落がよく見渡せた。
 この中学校の更に斜め上に小学校もある。どちらも校舎は三階建てだ。その風景はのどかな山の麓の学校といった眺めで、日本全国あちこちにある自然と共生する田舎の良き風景そのものだ。この台地にリニアの線路が延びてくるのだ。私はカメラを持ったまま固まり、しばらく校庭を見つめていた。耳をすましても、時折県道を走ってくる車の走る音以外は人工的な音は聞こえてこない静かなこの地、リニアの車両基地が出来ることなど信じ難い。
 リニアモーターの電磁波のもたらす影響はどの程度なのだろうか?人体への安全面についてはどうやら大丈夫とされているが、完成してしまえばこの風景は消滅してしまうという事は確かである。
(FUJI FILM X100)
スポンサーサイト
2016.03.11 Fri l 旧津久井郡・相模原 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
愕然とします
この静かな暮らしの中にどれほどの音と機械の匂いと電磁波が流れるのでしょう。
興味をもって資料をみてみました。
多くの反対運動があったのですね。
何処かが犠牲にならなくてはできないの?と
悲しくなりました。
2016.03.11 Fri l aunt carrot. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。

この話を知ってどんな所なのか行ってみたいと興味を持ち、実際にこうして足を運ぶ前に色々と自分もネットで調べてみました。
思っていた以上に深刻な問題なのだと知りました。しかし、この件について報じている大手マスコミはほtんどないように思われ、おそらくこのまま計画が実行されるのでしょうね。その強引さが恐ろしくもあります。
今回の旅、このあとは車両基地が出来て分断されてしまう集落を歩きます。
2016.03.12 Sat l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1289-eb01034f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)