鳥屋
 鳥居原ふれあいの館の駐車場の前から鳥屋に向かって歩き始める。鳥屋は「とや」と読む。今回の旅の目的地である「リニアの車両基地が造られる集落」がこの鳥屋である。
 駐車場の前から100m行ったかどうかのところにT字路がある。まっすぐ行くと虹の大橋、右に曲がると鳥屋。右に曲がり、坂を下りていくと前方右手に家並みが見えてきた。
 道が平坦になったあたりで小川が現れ小さな橋が架かっている。串川という川で、ここからずっとこの川と並走しながら道は続いていく。橋の手前には電器屋。そして、鳥屋バス停があった。バス停の名前は集落の名前が付いているけれど、このバス停があるあたりは鳥屋集落のはずれのほうに位置している。風景そのものは先ほどバスで通ってきて見ているものの、ゆっくり歩きながら見る風景はまた一味違う。とてものどかな昼下がりである。
(FUJI FILM X100)
スポンサーサイト
2016.03.09 Wed l 旧津久井郡・相模原 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちは。

JR東海もこんな山奥に良くリニアの基地を造ろうと考えたものですね。確かに鳥屋の辺りは山奥には意外なくらいの広さの平場がありますが…。
2016.03.10 Thu l kanageohis1964. URL l 編集
No title
これは初めてしりました。
こんなのどかなところで、、、、、
住民のみなさんにも影響があるでしょうね。
2016.03.10 Thu l aunt carrot. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。

kanageohis1964さん
地図を眺めていてイメージは掴めましたが、現地に行くと確かに山間部の中に開けた平地が広がっているんですね。それゆえにこんな計画が出来てしまったのでしょうね。
土地代はともかく、大井ふ頭のあたりは空き地も結構あるので、そういった埋め立て地に造ればいいのにと思ってしまいます。

aunt carrot.さん
リニアモーターカーというのは電磁波も結構すごいようなので、そういう機械を積んだ車両が留置されることの影響もどうなのかなと思ってしまいます。
人が便利に暮らしていくために多くの自然が破壊されてきている事は承知しているし、その恩恵を受けて暮らしている事も理解していますが、複雑な気持ちです。
2016.03.10 Thu l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1287-d431233f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)