鳥居原
 鳥居原ふれあいの館の横には鳥居原湖畔庭園という公園がある。そこからは宮ヶ瀬湖を見ることが出来る。宮ヶ瀬湖は人造湖で、神奈川県の水がめといえる湖である。鳥居原は宮ヶ瀬湖の北側に位置しており、急な斜面を下りて庭園の下に出ると遊覧船の乗り場や展望台がある。
 下に下りる前に庭園から宮ヶ瀬湖を眺めた。右に見える大きな橋は、宮ヶ瀬と鳥居原を結ぶ虹の大橋で、橋の向こう側は清川村になる。ダムによって水をせき止めて作られた宮ヶ瀬湖の完成で、宮ヶ瀬の集落にあった家の多くは湖に沈んでいった。人々が便利に暮らしていくためには、どこかで大きな変化が訪れ。そこで暮らす人達の暮らしを変えていく。
 鳥居原湖畔庭園はベンチも随所にあり、梅の木もあったりして、休憩するのには良い空間だった。湖を眺めながら付近を散策しているうちに昼時に近付いてきたので、ここで昼休みとする。午後はいよいよリニア中央新幹線の車両基地建設予定地である鳥屋を歩く。
(FUJI FILM X100)
スポンサーサイト
2016.03.07 Mon l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1286-0927a03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)