パシフィコ横浜で開催されたCP+2016に行ってきました。写真を掲載しようと思ったのですが、タテ画像がなぜか横向きにアップされてしまうので、今回は写真はありませんという事で。

 今回は各メーカー話題の新型機が出ていたこともあり、例年よりも混雑していたという印象がありまして、その話題の新型機もタッチ&トライ数十分待ちとか当たり前な状況でした。まあ、話題の新型機は店頭に並んでからでもいいかと思い、シグマの新型ミラーレスsd quattroしか触っていませんが、このカメラは「シグマらしさ」溢れるインターフェースで楽しそうなカメラでした。展示されていたプロの方の写真もとても立体感のある写真が並び(特にフォークを撮った写真の金属感のリアルさ)、好印象でした。
 他社の最新機種のような「高性能を手軽に!」という方向性ではないし、EVFだって一昔二昔前のフィーリングでしたが、そういう本来なら欠点になってしまう部分もどうでもよくなるほど、その写りに惚れるカメラでした。こういう一点突破型というか、どこかひとつ突き抜けた造りのカメラは大好きです。

 新型機では、ペンタックスK-1やニコンD500が特に人気だったように思います。K-1はペンタックスユーザーが待ちに待ったKマウントの135判フルサイズセンサーのカメラ。ハイスペック満載とかではなく、あくまで従来のKマウントのデジタル一眼レフの方向性で作られているようで、そこは好感の持てるところ。
 ただ、今後発売されていくレンズの行方がまだハッキリとした形ではなく、ロードマップを見ても暫くはズームレンズで推していく感じなようなので、そこは残念。要するにレンズでのサプライズがほしかったと思うところです。

 D500は圧巻の高性能です。ニコンブースで行われた中井精也さんによる講演でも、性能を前面に押し出した紹介でしたし、とにかく「有無を言わさぬ高性能」を追及したカメラということはわかりました。ボケの大きさとか、オールドニッコールや最新のFXフォーマットのナノクリレンズを本来の画角で使いたいとか、そういう理由がない限り、ニコンの高性能一眼レフを使いたい!という向きはフルサイズではなく、このD500で充分すぎるくらいに充分だと思えました。そのくらい驚愕な高性能カメラです。

 個人的にはソニーが先日発表した「G masterレンズ」を試したみたかったのです。持参カード使用で試し撮り出来たと後から知りましたが、展示されていた作例はとても良かったです。単に高画質だけを追及したわけでもなく、ボケの美しさも研究したそうで、そのあたりの技術には元ミノルタのスタッフの力が大いに活用されているのだそうです。85mmのレンズは往年のミノルタの名ポートレートレンズ85mm F1.4Gに通じるものがあるような気がするのは、そういう逸話を聞かされたゆえの印象の刷り込みだけでもないように思います。
 ソニーは、このG masterレンズはカール・ツァイスレンズよりも高い値付けをしており、ミノルタファンとしては「Gレンズ」のブランドに新時代が到来したということに嬉しさを感じるところ。現時点ではミラーレスのEマウントだけですが、今後Aマウントでも出ることを期待しています。

 中井さんのソニーブースでの講演を拝聴していて、これからのカメラとレンズは「小さく 軽く でも写りが良い」という方向性が今以上に重要になっていくように思われました。各社とも、小さくて軽いのに良く写るカメラとレンズが次々と出てきている。そんな2016年。
 では、大きいカメラはどこに向かえば良いのか? 奇しくも、中井さんが講演を担当したソニーとニコンのカメラが、小と大の2016年のひとつの解答例なのかもしれません。
スポンサーサイト
2016.02.28 Sun l カメラエッセイ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1282-e760a20b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)