白旗神社
 荏柄天神社を参拝したあとは、西の方角に向かって歩いていく。すぐに東御門橋に着く。この先にある清泉小学校がある辺りは鎌倉幕府初代将軍である源頼朝の屋敷があり、そこが政庁(大蔵幕府)として機能していた。その東門がここにあったという。
 細い道を更に行くと、やがて白旗神社が現れる。白旗神社は源頼朝を祀った神社で、横にある階段を登っていくと源頼朝のお墓がある。このお墓のある場所は源頼朝の建立した法華堂があったが明治の神仏分離令によって今はなく、こうしてお墓が建っている。
 お墓に手を合わせ、白旗神社の前の道を南に向かうと大蔵幕府跡の石碑がある。源頼朝、源頼家、源実朝、北条政子の時代まで鎌倉幕府はここにあったのだそうである。
(FUJI FILM X100)
スポンサーサイト
2016.02.20 Sat l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1277-223e1390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)