新庄
 鳴子温泉駅で新幹線の指定券の変更をやっていただいた。ベテランの駅員さんはさすがで、私の口頭での説明だけですべて把握して丁寧な対応でテキパキと切符を発行してもらうことが出来た。当初の予定では盛岡から山田線で宮古に出て、「あまちゃん」の舞台になった三陸鉄道北リアス線で久慈。久慈から八戸線で八戸に出て新幹線で帰ってくる予定だった。その切符をJRの「乗車変更」の手続きに沿って、新庄から山形新幹線にの指定券に変えてもらったわけである。新庄のほうが八戸より東京に近いので運賃が安くなり、差額として二人分で五千円近く戻ってきた。
 鳴子温泉を出た列車は少しずつ日が暮れていく山間を走っていく。地面は雪が残り、空はきれいなブルーに染まり、雪の積もった地面を照らしていく。
 陸羽東線の終点である新庄駅に着いた。新幹線に乗る時間まで一時間ほど余裕を作ったので、その間に町歩きをしてお土産を買う。
 新庄は雨だった。駅前通りを歩き店を物色する。信号のない横断歩道を渡ろうとして立ち止った私達を見て、路線バスが止まってくれた。心やさしい町だとTさんと感激する。
 駅前通りに並行するように裏道があり、そこに灯りが見えるので行ってみた。この道の風景は以前に新庄に来て泊まった時に歩いた憶えがある。縄のれんを掲げた良さげな店がある。店名もいい感じだ。さっそく入店。
 店は主人と若い娘さん?な女の子の二人で切り盛りしている店だった。Tさんの山形県初来訪を記念して山形県天童の地酒「出羽桜」を頼んで乾杯。お通しの肉団子の汁が美味い。酒に合いそうなので頼んだエンガワ刺身も美味く、えびしゅうまいネギ炒めも美味しい。今回の旅の終わりにふさわしい庶民的な温もりのある店だった。40分ほどの滞在で名残惜しくも店を出る。
 新庄から乗った新幹線つばさの車内で、駅の売店で買ってきた出羽桜で再び乾杯した。新庄に泊まりたかったなどと言いつつ、夜の山形路を東京に向かい帰っていく。
 今回の旅は美味しいものを色々と食べた。でも、それ以上に「人の優しさに触れる旅」だったような気がする。三陸の人たちの笑顔を思い浮かべ、今回行かなかった宮古の訪問も含め、近いうちにまた東北に行こうと決める私達であった。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 28mm F2.8)
スポンサーサイト
2016.01.27 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1268-d1b854c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)