遠野
 席が空いたので、お目当ての店に入る。店員さんが爽やかに迎えいれてくれた。店内は地元の人達で大いに賑わっていて、美味しそうな匂いに満ちている。メニューを見ると遠野ビールという地ビールがある。店員さん曰く、エールとバイツェンがあるので両方頼んで二人で飲み比べる。バイツェンというと岩手の銀河高原ビールを思い出すが、こちらも麦の香りがよくコクのある旨さ。エールもすっきりしつつ麦の後味が心地よい旨さ。ささみに明太子をあえたお通しと合わせて早くも感激モードである。
 続いて頼んだマツモ酢、自家製豆腐、塩うにが出てくる。マツモのとろっとした風味、豆腐のうまみと歯応えのよさ、塩うにに漂う品のある磯の香り。いずれも旨い!こうなってくると地酒がほしくなってくる。「遠野夢街道」というロマンチックな名前の酒を二合瓶で二本注文。甘くてすっきりした飲み口。名前によく似合うその味に喜び肩を叩き合う私達。
 「うまい!うまい!」を連発してご機嫌な私達に店員さんが「差し入れです」と店で漬けているという白カブと赤カブの漬物盛り合わせを出してくださった。綺麗な赤色だが勿論天然だそうである。これまた美味い!カブで日本酒がすすむのは初めての体験。
 そろそろ時間的に締めの一品という頃、Tさんの隣のお客さんが「この店のコロッケは本当に美味いな」と絶賛していたのを聞き、我々も注文。油がいいのか、揚げ方が上手いのか、食べやすい上にとても美味い。これはまた遠野ビールが飲みたくなる味だが、ぐっとこらえ、店員さんにお礼を言いながら退店。
 さて、先ほど発見した二軒目に行く。カウンターだけの小さな店だが、こういう造りの店は大好きである。入ると夫婦がやっていた。
 カウンターの奥に座り、遠野名物のどぶろくを注文。白い風体に合い、甘くしゅわっとした飲み口だ。串を店名に掲げている店なので焼き鳥を頼むことにする。レバー、ハツ、タン、砂肝、白ハツ、ネギ、歯応えよく味もじわじわくる美味しさ。店の構えで感じた「良い店」の勘はまたしても当たりであった。
 サラダにと頼んだキャベツが、どぶろくの味によく合う。味噌をつけて一枚一枚取りながら食べていく。どぶろくは魚介類も合いそうに思えたところ、メニューの中からホヤ酢を見つけ、ししとうの串と一緒に注文。シャーベット状の氷と一緒に盛られたホヤがこれまた旨い。ししとうの苦味が雪の夜の酒とよく合う。
 奥さんと少し遠野の話をしたりしてお会計。驚くほど安いお値段であった。店の壁にたくさん並んだキープボトルの数が、この店の味を証明していたと思えた。
 すっかりお腹いっぱいになった私達は、小雪まじりの寒い道を歩く。ホテルは小川を渡ったことろにある。静かなせせらぎが心地良い遠野の夜であった。
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト
2016.01.20 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1266-5c179f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)