遠野
 釜石から釜石線に乗る。列車は深い山間に入っていく。仙人峠という山深いところを走るローカル線なので車窓も相当に山らしい眺めである。陸中大橋駅の付近ではヘアピンカーブで山を登り、山の中の上有住駅は日の暮れた青い光の中でひっそりと佇んでいた。こういう駅で降りてみたい気もするが、今の季節と時間帯では、それは現実的な話ではない。
 遠野駅に着いた。小ぶりながらも重厚な洋風の駅舎で、何かの博物館を思わせるデザインだ。今夜は遠野に泊まる。
 遠野と言えば民話の里。宿泊先のホテルは18時から語り部さんによるライブのある宿である。17時過ぎにチェックインした私達は少し休んだあと、ライブが行なわれているフロアに行く。正月三が日後の平日ということもあってか宿泊客が少なく、観客は私達だけだった。囲炉裏の置かれた和室で、着物を着た語り部さんが待っていた。
 語り部さんから「河童」や「オシラサマ」の話などを聞く。遠野の人達がそういったいわば妖怪たちと共存して暮らしてきたことを、人生の教訓的な内容に絡めた物語にして表現している。30分のお話を聞いたあと、雑談をしたりしてお礼を言って部屋を出る。あとでホテル内のお土産コーナーで遠野物語の本を購入したことは言うまでもない。
 さて、夜の遠野の町に出る。駅の近くに飲み屋が固まっている。私の今までの経験上でも、このくらいの規模の町はいい店に巡りあえることが多い。Tさんが目星をつけていた店を訪ねると席が埋まっている。新年会の時期なのだろう。店員さんによると、もうすぐ一組お会計なので少し待っていただけたらとの事なので、少しまわりを散歩してくることにした。裏通りに入ると、昔の歓楽街の雰囲気の残る通り。思わず持ってきていたカメラで写真を撮る私達。そして、駅の近くによさ気な店を発見し、二軒目候補にした。今夜は時間があるのでハシゴ酒の予定である。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 28mm F2.8)
スポンサーサイト
2016.01.17 Sun l 神奈川県以外 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
お正月の旅、まとめて拝見しました。
のんびり良い旅をしておられますね。
海岸線には柵があってまだ入れない地域もあったり、呑みやさんがプレハブ造りであったり、、、
まだまだ完全復興までは遠い道のりのようですね。
それでもどこのお店に入っても美味しいものがあり、
、、良いですね。
語り部さんのお話は私も聞いてみたいものです。
はしご酒の次の日辛くなかったですか?(笑)
2016.01.18 Mon l aunt carrot. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。

テレビなどでどういう風になっているかは、それなりにわかっているつもりではいましたが、やはり実際に行ってみるとあの震災の被害が尋常なものではなかったことを痛感いたしました。
それでも、地元の方々は皆親切で、観光客に楽しい思い出を持ち帰ってもらいたいという想いが強く感じられました。
同行者とも帰りに話していたのですが、今回の旅は「人の優しさに触れる旅」だったなと思います。
観光に訪れ、美味しいものを食べたり、地元の交通機関を利用したり、宿泊したりしてお金を使うことも、ささやかな復興支援であると考えています。三陸は元々とても良い所なので是非とも機会を見て訪問していただけたらと思います。
私達も今回都合で行けなかった宮古を訪れるのと、語り部さんから聞いた河童のお寺を訪ねるため、年内くらいにまた行こうと考えています。
PS
酒のハシゴは全然大丈夫です。量より味を楽しむ酒飲みなのであります。
2016.01.20 Wed l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1265-8aa73320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)