川崎
 年末に買ったα55を早速年始の旅に持っていくことに決めて、その前に試し撮りをしておかなくてはと思っていたのに、なかなかその機会がやってこないまま。そんな訳で夕方、電車と線路脇の風景を撮るかと、やってきたのは第一京浜道路の近く。
 ふと道端を見ると花が咲いている。付けてきたレンズはミノルタの50mm F1.4なので、早速絞りを変えながら撮影してみる。
 ミノルタに限った話ではなく他社の50mm F1.4も似た傾向があると思うけれど、このレンズは絞りを開放にすると甘い描写になる、ソフトフォーカスとまではいかないが、ふわっとした描写になる感じだ。そこから絞りを少し絞っていくと途端にシャープさが増してくる。F4あたりからそれは顕著だけれど、試してみたところF2.8あたりが一番甘さと鋭さのバランスが取れているように感じた。
 今回掲載した写真は絞り開放、つまりF1.4で撮影した。柔らかくていい感じに思える。そして、大した手を加えずにそういう写真が撮れたα55も気に入った。ソニーαは、センサーがCMOSのカメラもそれほど人工的な感じがしない描写だと思っているけれど、とりあえずα55もいい感じです。
(SONY α55 LENS:MINOLTA AF 50mm F1.4)
スポンサーサイト
2016.01.04 Mon l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1257-7912669e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)