八王子城
 熊谷駅で熊谷うどんという名物を食べ、缶ビールを買って湘南新宿ラインの車内へ。新宿からは中央線に乗る。空はいつの間にか雲ってきて天気が心配になってくるが、雨は降らずに15時30分くらいに高尾駅に到着。
 高尾駅からはバスで八王子城址に向かう。平日は最寄のバス停から入口まで徒歩15分という距離ながら、週末は入口までバスが走っている。ただし一時間に一本の間隔。駅前で40分ほど待つことになった。
 乗る人より降りる人が多いのは時間帯として当然だが、空いているバスは10分ほどで到着した。バス停の前に真新しいガイダンス施設が建っている。館内は無料で入場出来て、八王子城の歴史と北条家の歴史についての説明パネルや映像コーナーがある。八王子城は山城なので地図は必須といって良いくらいだが、この施設で地図が掲載されたパンフレットを配布しているのでもらう。
 ガイダンス施設は17時に閉まってしまうので、バスの終便は17:20である。一時間くらいしか時間がないので足早に見学する。施設のすぐ外にある広場を抜けると山頂にある本丸跡に行く道があり、山頂にある八王子神社の参道でもあるとして鳥居が架かっている。残念ながら本丸跡に行く時間はなく、少し道を見て引き返す。
 別の道から中に入り、麓にある大手門があった場所や大手道を歩き、城主の北条氏照が所在した御主殿に行く。近くには御主殿の滝もあり供養塔があったので手を合わせる。
 御主殿の跡は大きな広場になっていて、この周りも色々と見所があるのだけれど、時間がないので早足になってしまう。広場から虎口の部分は石段になっていて、発掘した時の状態を元に一部を修復したりしたものだそうである。このあたりは当時の関東では珍しい石垣造りが偲ばれて雰囲気満点だった。
 とても広い八王子城址は一時間の散策では足りない大きさであった。以前から行ってみたかった場所であり、この時期、北条氏照の小説を読んでいて思い入れも更に高まったので、また改めて行ってみたい所であります。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6)
スポンサーサイト
2015.10.12 Mon l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1198-4b5889a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)