小坪
 細い住宅地の道を下っていくと材木座方面からの旧道のトンネルからの道に出た。ここは逗子と鎌倉を結んで走っているバスも通る道である。
 その道と平行するようにして、新道も通っていて、当然の事ながらこちらのほうが道幅も広くて交通量も多い。住吉城址はこの道の向こう側である。
 新道の脇の坂を上がり、新道のトンネルの上の山に上がり新道の向こう側に出ると、住吉城址に関する小さな案内板があり、右に向かう道は私有地なので左にある小さな人道トンネルを抜けるようにと指示されてあった。山をくりぬいて造られた小さなトンネルに一人で入っていくのは怖い。トンネルは階段状になっていて、その先に向こう側が見えるから短いトンネルではある。
 一旦坂を下りて別なルートを思案していると、新道を越える細い陸橋を見つけた。この陸橋を渡って新道を越えると、そこには大きなマンションがあった。このあたりは住吉城址のあった丘陵の一角であるから、じっくり見たいけれど敷地の中に入る訳にはいかない。逗子マリーナ側に下りていく道を探りながら周囲を散策していると山道のようなところに出た。
 木々が生い茂り薄暗い山道を下っていく。すぐ下に集落があるのはわかっているので早足になりながら下りていくと、空堀のような山道が横切った。城址に関するサイトを見ても紹介されていないので、ここが空堀かどうかは定かではないし、違うのかもしれないけれど、古城の城址に来ているのだという実感が湧いてくる。
 やがて寺社もある小さな坂の集落に出る。予備知識としても城の跡を偲ばせるものはほとんどないと知ってはいたけれど、あっけなく集落に出てしまった。一旦坂の下まで下りて、逗子マリーナの入口、つまり小坪の漁港のほうに戻った。
(iPhone5)
スポンサーサイト
2015.10.07 Wed l 逗子 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1195-a4d9748d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)