上市
 有峰口駅を出て、もう一駅ほど降りてみようかなと思っていたけれど、暑い中で有峰口駅の周辺を歩いていたら少し疲れたので終点の電鉄富山まで乗り通した。
 ちょうど昼時に差し掛かっていたので電鉄富山駅に隣接するショッピングビルの中にある店でうどんを食べることにした。昨夜飲んだ店で白海老の唐揚げがとても美味しかったので、白海老の入ったうどんを選択。美味しかった。
 電鉄富山からは新幹線に乗るために新黒部に向かうことになる。富山から新幹線に乗らず、もう少しだけ富山地方鉄道の旅を楽しむ。
 まずは、入口が二つある木造駅舎があるという越中荏原駅で降りてみたものの、駅は新しくなっていて肩透かしだった。利用者の割と多い駅だと改装されてしまうのだろうか。気を取り直してもう一駅降りてみようと上市駅で降りた。昨日、乗務員さんがここで電車の進行の向きが変わると言っていた駅だ。着いてみると確かに駅が行き止まり式の構造になっている。つまりスイッチバック駅みたいな構造だけれど、別に山になっている訳ではなく平地である。少しでも町に駅を近づけるためにそうしたのかなと推測。
 駅は三階建ての構造で、JAの事務所やその直営のテナントが数軒ある。かつては、いろんな店舗が入っていて二階にはスーパーもあったそうである。今はそういう面影はなく、がらんとした構内になっているけれど、利用客がそれなりにある駅なので歩いている人はちらほら居る。駅のまわりはのどかな郊外の眺めで、田圃と住宅が点在する。
 上市から宇奈月温泉行き電車で一昨日から通ってきた魚津市内に入り、少し感傷的な気分に浸っていると黒部市内に入った。電鉄魚津、新魚津、電鉄黒部、三日間ですっかり駅の形を覚えてしまったほど記憶に馴染んでいる。今回の富山県の旅のスタート地点だった新黒部駅に到着した。私は何度か新黒部の駅舎を振り返りながら、新幹線の駅に向かった。これで今回の「富山地方鉄道 二日ふりーきっぷ」の旅は終わりだ。新幹線を待つ間、待合室の売店で買った地ビール「宇奈月ビール」を飲みながら富山地方鉄道の電車の乗り味を思い返していた。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
スポンサーサイト
2015.07.23 Thu l 神奈川県以外 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
細かいスケジュールを決めずに、気に入ったところで乗り降りの旅、良いものですね。
名所に拘らずに、その地域の空気を楽しむ旅、まさに極上の旅と思います。
私もほっと一息をいただきました。
2015.07.23 Thu l aunt carrot. URL l 編集
No title
aunt carrot.さん コメントありがとうございます。

楽しんでいただけて何よりです。自分は、鉄道の旅をする時は予定はある程度決めつつも(本数の少ない路線だと決めないと大変なので)、訪問先はなるべく気ままに動いています。
今はネットでいろんな情報が前もって得られる時代になり、自分もそれを活用してはいますが、なるべくそれは最小限にとどめ、旅を楽しもうと思っています。
NHKのBSの中井精也さんの番組みたいな旅が理想です。また、どこかに行きましたらこのブログに写真を載せていきたいと思います。
2015.07.25 Sat l アルファ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1149-18352a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)