FC2ブログ
国道駅

 国道側とは逆の鶴見川の方から女性が歩いてきた。釣り船屋の関係者らしく、サッシ戸を開けて事務所に入っていった。
カラーで撮っているのに、不思議とモノクロな世界が写し出されるガード下。昭和の残像だけではなく、そこにもちゃんと平成の日常が存在しているようで、少し安心した。
スポンサーサイト



2008.02.17 Sun l 川崎南部・鶴見 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/112-c5647df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)