三ヶ木
 橋本駅から神奈川中央交通のバスに乗った。昨年歩いた城山町を通り、城山ダムを超え津久井湖を眺めながら旧津久井町の町域に入る。城山町も津久井町も今は橋本周辺と同様に相模原市緑区となっている。
 風景はのどかだけれど、橋本駅から三ヶ木まで行くバスは日中でも12分間隔で運行されていて、乗車率も良い。車の行き来もなかなか多い道だ。沿道にはやがてコンビニや商店が並ぶ風景になるが、山と湖に囲まれて市街地はそれほど大きくなく、やがて津久井町の中心地であった中野の集落に入るとバスは旧道のような裏道に入った。
 中野の集落を抜けると再び先ほどまでの道に合流し、鄙びた切通しを過ぎると終点の三ヶ木に着いた。三ヶ木は「みかげ」と読む。神奈中バスのちょっとしたターミナルと車庫になっていて、二階建ての建物の下に各方面別に乗り場がある。ここからは相模湖や青根や半原といった、ここより更に山深い地に入っっていくバスと橋本方面からのバスの中継地点のようなバスターミナルなのである。
(RICOH Caplio GX100)
スポンサーサイト
2015.05.20 Wed l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1106-a414ece9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)