北鎌倉
 ペンタックス645は中判一眼レフだけあって重い。一時間も歩いているとしんどくなってきた。今重さを調べてみたら、本体は1320gある。これに電池とレンズの重さが加わる。約2kgといったところ。普段この重さの撮影機材を持ち歩くという経験をほとんどしないので、その重さに不慣れなせいもあるのだろう。
 それでも、大きなファインダーを覗きながら写真を撮るというのは楽しい。自分はフィルムカメラで写真を始めたので、枚数を気にしながらじっくり撮るというリズムは身についている。
 横須賀線の線路を渡って円覚寺の方の道を歩く。このあたりはお寺の境内に線路が通っているという区間で、並木の横を電車が駆け抜けていく様は風情があり、横須賀線の持つ歴史が滲み出ている景色だ。そういう場所を1984年生まれという、カメラとしては少しだけ老兵の域に入りつつあるカメラを持って歩くのはテンションの上がるひととき。
 北鎌倉駅に着く。駅前の喫茶店の扉が開いて、帰る常連客を店の人が外まで見送っている。黄昏の薄日がそんな店先を照らしている。
(PENTAX 645 LENS:smc PENTAX A 55mm F2.8 FILM:Kodak E100VS)
※フジカラーCDにてデジタルデータ化していただきました。
スポンサーサイト
2015.04.26 Sun l 鎌倉 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1091-d9848083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)