FC2ブログ
強羅
 宮城野の町を散歩して、強羅に戻る。先ほど歩いた近道を行くのだが、来る時と違って上りになるので急な階段を上がっていくことになる。
 強羅の駅の裏にある住宅街まで出てきた。もう少し強羅を見てみたいので散策してみることにする。駅から強羅公園のほうは土産物屋や旅館が並んで賑やかなのに対して、駅の西側は家が並ぶエリアだ。そこに「函嶺白百合学園」というミッションスクールがある(小学校、中学校、高等学校)。宮ノ下について書いた記事の中で箱根出身のライター山口由美さんの著書を紹介したけれど、この学校は山口さんの母校で、本の中でもこの学校について書いた話がある。箱根に私立の学校がある事を知らなかった私は大いに驚き、そしてどんな感じの学校なのか見てみたいと思い足を運んでみた。
 少しだけ勾配になっている道に沿って石垣が現れ、その石垣の向こうに校庭があるのだとやがて気づく。小さな門が現れた。そこが函嶺白百合学園だった。ちなみに、函嶺(かんれい)とは箱根を意味する古い別名だそうである。
 春休み期間で静かな校内とはいえ、さすがに門の所から学校を撮影するのは遠慮しつつ、奇麗な校舎を少し眺める。
 学校から駅に向かう。学校のまわりは観光客でごった返す駅構内とはうって変わって静かな住宅街で、緩い坂道が箱根であることをようやく思い出させてくれる。坂の上のほうに向かって行くと、その先は別荘地帯で、先ほど乗ったケーブルカーは別荘への足にもなっている。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
※ 今回の箱根紀行は一日二回更新しています。
スポンサーサイト



2015.04.18 Sat l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1086-79c1e64c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)