早雲山
 早雲山駅前で景色を楽しんでから、さて歩いて強羅まで下りてみようかなと思ったけれど、道路に出て道を見るとその勾配に気持ちが後ろ向きになり駅に戻った。
 ケーブルカーのホームは芦ノ湖観光を終えてロープウェイから乗り継いできた乗客で混んでいる。次の便にしょうかなと思ったけれど、駅員さんの「この次は23分後になります」という声に導かれるようにして混雑する車内に乗り込む。
 ケーブルカーは電車と同様、箱根登山鉄道によって運営されている。強羅から早雲山まで1.2kmという距離だが、両駅の標高差はなんと214m。それだけの勾配をケーブルカーは登り下りしている。面白いのは、この僅かな距離でありながら中間駅の数が多い事で、強羅駅から順に、公園下駅、公園上駅、中強羅駅、上強羅駅、そして早雲山駅となる。線路は単線で、公園上と中強羅の間に行き違いをするために線路が二本になる箇所がある。
 早雲山駅の写真でおわかりいただけるように、ホームも車両も斜めになっている。これはケーブルカーの特徴で、こういう光景はまさに日常では見られない新鮮な眺めだ。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
※ 今回の箱根紀行は一日二回更新しています。
スポンサーサイト
2015.04.17 Fri l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1080-2ceb35c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)