強羅
 彫刻の森から強羅(ごうら)まではすぐなので、あっという間に到着する。強羅は箱根登山鉄道の終着駅で、ここから先に向かう人はケーブルカーに乗り換える。この先は電車では登れないほど、更に急勾配なのだ。
 強羅駅に来るのは何年ぶりかわからないくらいに久しぶりなので、ホームを見物しながら写真を撮っているとケーブルカーのホームのほうが騒々しい。電車のホームと直角に設置させているケーブルカーのホームに人が溢れている。駅員さんが「ただいまの時間、ケーブルカーのホームは入場制限を行なっています」とアナウンスしている。ホームは狭く、ケーブルカーは2両編成なので、あまり人が殺到すると危険なのである。
 一旦改札を出て、ケーブルカーの改札を通ってホームに入ったのは一本見送ったあとだった。改札の前に並び、誘導によってホームに入る。私のまわりには外国人が多い。今日は電車の車内から色々な国の外国人を多く見かける。
 なんとか座る事は出来た。終点の早雲山までは10分ほどなので座る事に固執はしないけれど、座ったほうが景色がよく見えるので有難い。13時30分、ケーブルカーは急な坂を登り始めた。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
※ 今回の箱根紀行は一日二回更新しています。
スポンサーサイト
2015.04.16 Thu l 箱根 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1078-ff5e8999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)