大井
 私の乗ったバスは新松田駅から出て足柄上郡大井町に入り新松田駅に戻ってくる循環路線バスだ。松田の町を抜けるとやがて東名高速道路が見えてくる。高速道路はビル並みの高さでそびえ、下から見ると威圧感が凄い。道は神山から坂になり、カーブをしながら高速道路の高さにまで登っていく。
 高速道路をくぐると、前方に巨大なビルが見えてくる。松田町も大井町も建物の高さは低いので、山の麓に突然現れた異郷のようで驚きの光景である。ここが今回最初の目的地「ブルックス大井事業所」だ。バスは建物をぐるっと回って食堂の建物の前のバス停に着いた。新松田駅から約10分。
 私はよく地図を眺めて、面白そうな所を見つけると調べて足を運ぶことがある。ここも以前から地図で眺めていて気になっていた。都心から遥か離れたこの地に「第一生命本社」と書かれた大きな建物が地図に示されている。「第一生命」と言えば大企業であるから、大井町には失礼ながら、ここに本社があるのは不思議に思えた。
 調べてみると、この建物は確かに第一生命が本社機能を置いていたビルで、現在はコーヒーなどの通販を展開しているブルックスホールディングスが所有している事がわかった。
大井第一生命館ビル(Wikipedia)
 このビルは第一生命が東京の公害や交通渋滞対策を考えて日比谷本社の機能の一部を移す目的で作られたもので、昭和42年(1967年)に完成した。三千人を超す関係者が勤務していたというこのビルだが、2011年に移転、2012年にブルックスに売却されたそうである。
 近くで見るとそれなりに古さも感じるものの、まわりの山々に不思議と溶け込んでいるように思えるその威容は、今もなお衰えずといった風格があった。山と畑の中にそびえる巨大ビル。不思議な風景だけれど、どこか厳かでさえある。

猪瀬直樹さんによるこのビルについて書かれたコラム「田園都市づくりの理想、ここに散る」
(Canon Power Shot G2)
スポンサーサイト
2015.04.03 Fri l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1065-ad90d313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)