厚木基地
 再び基地に沿って歩き出すと、やがて大和方面への道に出た。まだ時間もあるし、もう少し歩いてみたいので大和駅を目指して歩くことにする。大和駅までの所要時間は30分もかからない。これは前回この地を訪れた時と同じコースである。
 道路の左にはやがて相鉄線の線路が現れる。線路はやがてトンネルに入るのでずっと併走している訳ではないけれど、ここは電車と飛行機を合わせて撮影出来るポイントだ。まっすぐ続く道の右側には広大な滑走路が広がっている。歩き始めて少し経った頃、大きな音を立てて頭上を飛行機が過ぎていった。すぐ横が滑走路だから飛行機は着陸態勢で飛んでいるため、歩道と飛行機までのその距離はあまりにも近い。
 私は左のほうの空から大きな音が聞こえてくると立ち止まり、空に向かってカメラを構えた。飛行機は結構な速度で着陸するのでコンデジでうまく撮れるかはわからないけれど、私はシャッターを切り続けた。曇った空と有刺鉄線の金網が、風景を金属的で無機質な空気に演出していた。これも町の風景のひとつなのだなと思いながら歩いた。
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト
2015.03.30 Mon l 高座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1061-a11e8c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)