綾瀬
 店が並ぶ一画のすぐ先に広々とした門が現れた。瓦を上にまとったその門は厚木海軍飛行場、つまり厚木基地の入口である。車が行き来する門の横に通用門があり、そこに受付の係員がいる。その横には交番があり、自販機も並んでいるが、勿論警官は日本の警察官であり、自販のメニューは日本の製品である。
 自販機の横に男性が一人立って誰かを待っている風だったが、やがて基地内から長身の白人男性が現れ、私に「トモダチ?」と声をかけてきた。意味がわからなかったが「違います」と答えると、自販機の前の男性に同じように声をかけて少しばかり日本語で会話をしたあと、「ドウゾコチラヘ」と通用門のほうに案内して行った。基地では軍の関係者による英会話教室が行なわれているそうだから、白人男性は講師で、待っていた男性は生徒なのだろうか。あるいは所用で基地に来ていた人なのか。「トモダチ」というのは待ち合わせの合言葉みたいなものなのかもしれない。
 門の近くには来客用と思われる駐車場があり、その前にはバス停もあった。さすがに門や基地の写真を撮るのは遠慮して、バス停だけ一枚撮って退散した。
 (門の写真はWEB検索すると出て来ますので、そちらをご覧ください)
 基地の周囲に沿って歩道を少し歩いてみたが、一周するには相当な距離を歩くので途中で引き返した。基地の前に並ぶ電線の向こうに飛行機が飛んでいる。
(RICOH GR DIGITAL)
スポンサーサイト
2015.03.28 Sat l 高座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1059-f629def3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)