久良岐公園
 京急の上大岡駅を降りて、東口を線路に沿って歩いていく。道は坂の下にあり起伏のある道。途中で左に曲がり坂を上がっていくと、やがて丘の上に造成された住宅街が広がる。一戸建てや団地が並ぶ住宅街を歩いてくと、広い森のような公園が見えてきた。
 久良岐(くらき)公園は周辺の開発によって生まれた公園で、地形を生かした造りになっているため、私が入った入口は山道のような階段を下りて林の中を抜けるものだった。久良岐とは横浜のこのあたりの古い地名で、かつて横浜市に編入される前は久良岐郡と呼ばれていたため、公募により久良岐公園という名前が付いたそうである。
 階段を下りると芝生広場が広がっていて親子連れで賑わっている。その先のエリアに横浜市電が保存されていた。横浜市電1156号。野外で保存されているにしてはとても奇麗で、関係者の熱意と愛情が感じられる。周辺にはベンチがあって、ちょっとした休憩スペースといった感じ。
(SONY α200 LENS:SONY 85mm F2.8 SAM)
スポンサーサイト
2015.03.14 Sat l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1047-5d2bec38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)