久良岐公園
 カメラマニアがレンズを評する言葉に「隠れ○○」というものがある。○○という名前は与えられていないけれど、○○に匹敵する、あるいは○○に値する性能を持っているレンズという意味である。早い話が、マニアの言葉遊びみたいなものであるけれど、使う側としては「これは○○に相当するレンズなんだ!」と思いながら使う事でテンションが上がるので、それはそれで良い事かもしれない。
 ソニーの85mm F2.8 SAMという単焦点レンズを買った。軽い中望遠レンズが必要になったので買ったのだけれど、以前から欲しいなと思っていた一本。このレンズはソニーの「はじめてレンズシリーズ」というシリーズとして登場したレンズで、一眼レフを始めた初心者がキットレンズのズームレンズに続いて買う最初の単焦点レンズというコンセプトで登場した。安く、軽く、小さい。ゆえに外観はとてもチープで、マウント部までプラスチックという徹底したコスト安レンズなのである。
 しかし、初心者向けを装ったこのシリーズ、写りはとても良いと評判で、初心者ではないαユーザーにも人気となった。四本あるこのシリーズのレンズの中で、この85mmは唯一の135フルフレームフォーマット(フルサイズ)対応なので、マニアなユーザーにも話題になったのだった。
 登場時、マニアはレンズ構成に注目した。それは、ヤシカ・コンタックスマウントのカール・ツァイス ゾナー85mm F2.8と、レンズ構成がよく似ているというものであった。私の手元には季刊クラシックカメラ別冊「使うコンタックスレンズ」という本がある。その本にこのゾナー85mmの事が掲載されていて、レンズ構成図も載っている。ソニーのカタログに載っているレンズ構成図を見て比べてみると確かによく似ている。
 「使うコンタックスレンズ」に書かれてある特長、ネット上にあるゾナー85mmを持っている人のレビュー、それらによるとゾナー85mmはコントラストが高めで開放からシャープというもので、これはαユーザーによるソニー85mm F2.8の感想とも共通している点が多々あった。「使うコンタックスレンズ」には、プラナー85mmはモーツァルトでゾナー85mmはブルックナーであるという文章もあった。それが的確なのかどうかはわからないけれど、ソニーにもカール・ツァイスのプラナー85mmは出ている。
 以前、ネット上でαレンズの85mm比較のブラインドテストを見つけた。85mmの単焦点および、85mmにセットしたズームで撮った作例を並べたもので、答えを見なくても85mm F2.8は個性的な写りですぐわかった。それは、プラナーとは明らかに違う方向性だった。
 そんなこんなで、マニアはこのレンズを「隠れゾナー」と呼ぶ人もいる。まあ、気分はゾナー85mm、いや「プアマンズゾナー」という事で行こう。某量販店で購入してすぐに、私は横浜の久良岐公園にやってきたのだった。
(SONY α200 LENS:SONY 85mm F2.8 SAM)
スポンサーサイト
2015.03.13 Fri l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1046-04785bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)