中津
 広い内陸工業団地の敷地が過ぎ、向こう側に見える丹沢の山々が少しだけ近づいてきた頃、中津の町に出る。倉庫群の風景から突然のどかな郊外の家並みになるので、その変化は面白い。店もある。スーパーや銀行もある。予備校もあった。小さいながらも町の眺めになってきた。
 まっすぐ歩くと交差点に出る。左に行くと厚木市の市街地で、右に行くと愛川町役場。そのまままっすぐだと中津川に出る。このあたりは愛川町の中心と言っていい町で、川の名前と同じく中津という町名になっている。
 交差点を右に曲がるとすぐ一本松というバス停がある。本厚木方面のバス停の所に長いベンチがあったので、まだバスは来ない事を時刻表で確認してから腰掛けてコンビニで買っておいたパンを食べた。
 昼食後に道路を渡って、愛川町役場方面のバス停に行く。バス停にはおばあさんが立っていて「こっち側の道は日陰だから寒いな」と言いながら小さなベンチに腰掛けた。どうやらバスが遅れているようだ。
 やがて、おばさんもやってきて時刻表を見て首をかしげているので、バスが遅れている事を教える。市街地の渋滞が原因だろうけれど、これほど遅れているのは珍しいそうだ。結局、バスは10分ほど遅れて到着した。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
スポンサーサイト
2015.03.03 Tue l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1036-ff440cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)