愛川
 依知の集落から山の方角、つまり愛川町の方に向かって歩く。道はやがて登り坂になり、その坂を上りきり愛川町に入る。
 今回の目的地のひとつ、内陸工業団地が見えてきた。以前から神奈川県の地図を見ていて、山の麓になぜ臨海部の工業地帯の如く工場や倉庫が集まっている区画があるのか不思議に思っていた。そして、そこはどんな風景なのだろうかと気になっていた。
 出発前に少しだけ予備知識を仕入れようとネットで調べてわかったのだけれど、ここはかつて戦中は陸軍の中津飛行場というものがあった場所なのだそうだ。広大な敷地に縦横きれいに道が整備されているのは、それが理由だったのだ。横須賀の長井飛行場の跡地は今はソレイユの丘という公園になっているように、中津飛行場の跡地は工業団地として生まれ変わったのだ。
内陸工業団地について
 上記のリンクを見てみると、多くの企業の倉庫や工場がある事がわかる。それまでののどかな風景から一変して、巨大な倉庫が次々と現れる。道は並木道となっていて、まっすぐに東西南北に延びているが、歩いている人はほとんどいない。
 そろそろ昼時なので公園で休憩と思っていたけれど、人工的な風景に圧倒されながらひたすら歩いた。どこかからチャイムが聞こえてきた。
(SONY NEX-6 LENS:SONY E 16-50mm F3.5-5.6 OSS)
スポンサーサイト
2015.03.02 Mon l 厚木・丹沢・大山 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://seasonz.blog18.fc2.com/tb.php/1035-fee9e687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)