FC2ブログ
瀬戸屋敷
 瀬戸屋敷は築三百年という古い建物で、代々この辺りの名主だった瀬戸家の屋敷だという。
 開成町によってきれいに保存されており、こうして一般に開放されている。敷地にはカフェもあり、観光地であり、憩いの場でもあるという造りになっている。
 家の内部は昔の人の暮らしが伝わってくるもので、敷地内には蔵も公開されている。まさに屋敷といった貫禄のある場所だ。
(RICOH GR)
スポンサーサイト



2020.10.25 Sun l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top
瀬戸屋敷
 香徳院の山門の先、駐車場の方向に戻ると瀬戸屋敷の入口があった。入場料は無料なようだ。
 門をくぐり、庭先を歩くと、大きな家屋が現れた。江戸時代の雰囲気を今に伝える。さっそく、中に入ってみることにした。
(RICOH GR)
2020.10.23 Fri l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top
香徳院
 瀬戸屋敷の前まで来た。広い駐車場がある。駐車場から入口が判明しないので周囲を眺めていると、あじさい観音という案内があった。
 開成町はあじさいが名物で、あじさい祭りが開催され、あじさいの里、あじさい公園といった施設もある。そんなあじさいの町に、そういうお寺があるのだ。まずは、そのお寺に行ってみるtことにした。
 あじさい観音は香徳院というお寺だった。山を背景に境内があり、よく手入れされた本堂がある。
 開成駅前は郊外の佇まいが少しあったが、この辺りまで来ると農村といった風景だ。駅から歩き始めて40分以上は経過していた。
(RICOH GR)
2020.10.21 Wed l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top
開成
 開成の町を歩く。水路が多い町だ。所々畑になっているからでもあるのだろうけれど、住宅路の端にも流れている。水に恵まれた土地なのかもしれない。
 低い建物が多いのだが、突然大きな建物が現れた。学校にしては綺麗だし、なんだろうか?と確認してみると、町役場だった。やはり財政的に余裕がある自治体かもしれない。
 歩いていくうちに、やがて道幅は更に狭くなり、随分と農村の眺めとなってきた。瀬戸屋敷はもうすぐだ。
(RICOH GR)
2020.10.19 Mon l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top
開成
 今回は久しぶりに神奈川県の西部にやってきた。小田急線に乗って開成駅で降りる。駅の外に出るのは初めてだ。このブログでは神奈川県の各自治体を歩いてきたが、初めての開成町散歩である。
 駅の周囲は遠く三方を山に囲まれている。足柄の山々だ。開成町は農村風景だが、新しめな住宅地でもあり、思いのほか車の通行量は多い。ただし道幅は狭い。
 駅前には富士フィルム工場に向かう送迎バスが停まっていた。所々、町工場もある。神奈川県は平成の大合併でもほぼ無風だった。合併があったのは政令指定都市を目指して合併した相模原市と津久井郡だけだ。こういう小さな自治体でもそれなりに税収が見込めるのだろう。
 私は山の方に向かって歩き始めた。目指すのは瀬戸屋敷という古い日本家屋の屋敷である。
(RICOH GR)
2020.10.18 Sun l 足柄 l コメント (0) トラックバック (0) l top
湘南台
 長後駅を出て、10分ほど歩くと空から雨が落ちてきた。たいした雨ではないので、そのまま歩いてみることにした。
 周辺は住宅街だが、長後駅のまわりが昔ながらのという形容詞が似合う風景だったのに対して、住所が湘南台に変わると新しめの一戸建てが増えてきた。
 歩き始めて30分ほどで湘南台駅に着いた。ここは小田急線だけでなく相鉄線に横浜市営地下鉄も乗り入れている。
 駅前は建物が並んではいるものの、繁華街といえるほど店は多くなく、郊外の少し大きい駅前といった風情だ。
 特に行きたい場所もなく、相鉄線に乗って横浜方面に帰ることにした。
(SONY RX100)
2020.10.17 Sat l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
長後
 藤沢駅から小田急で新駅舎になった片瀬江ノ島に行ってみようかと考えていたけれど、空が曇ってきたので小田急で逆の方向に行く。
 降りたのは長後。かつては急行停車駅としてそれなりに賑わっていた駅で、東西どちらで降りてもロータリーがある。
 昔、いずみ中央駅からバスで訪れたことがあったが、久しぶりにやってきたら、随分とさびれた感じになっていた。駅前ロータリーの手前にパチンコ店があるが、それ以外の店が少なく活気に乏しい。
 歩いている人も少ない。閑静な住宅街とも言えるが、天気が今一つなこともあって、散策する気力は減退してきた。
 それでも、せっかく降りたのだから隣駅の湘南台まで歩いてみることにした。
(SONY RX100)
2020.10.12 Mon l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
新林公園
 公園内にある山に登ってみた。登り始めて数分で尾根道になるくらいに低いのだが、あっという間に景色は山中だ。
 静かだ。木に遮られて周辺の建物は視界から消えた。木のベンチがあったので昼休みをする。
 ここから大船方向にも稜線が続いているのが見える。藤沢から鎌倉方向に山が続いているのだ。鎌倉は山に囲まれていることを改めて思い出す。
 時折ハイキングしている人と出会う。おそらく地元の人だろう。こういう自然に溢れた公園が町中にあるというのは羨ましいかぎりだ。
(SONY RX100)
2020.10.11 Sun l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
新林公園
 新林公園に入り、左手に屋敷がある。旧小池邸という江戸時代の屋敷を移してきたものだ。
 中は木のぬくもりに包まれ、ひんやりとした涼しさがあった。よく手入れされていて、とてもきれいだ。
 すぐ後ろが斜面になっている。見学を済ませたあと、一旦屋敷の敷地を出て、山の方へ向かってみた。
(SONY RX100)
2020.10.09 Fri l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
新林公園
 藤沢にやってきた。南口に出て、東に向かって歩く。20分ほど歩くと川が現れ、そこを海の方向に曲がる。土手沿いは町工場などがある風景だったが、やがて学校が現れ、その先に緑が見えてきた。
 新林(しんばやし)公園に着いた。周辺は住宅街だが、ここだけ丘があり、公園となっている。地図を眺めていて、その立地に興味を惹かれた。今回はまず、この公園から散歩が始まる。
(SONY RX100)
2020.10.08 Thu l 湘南(藤沢~二宮) l コメント (0) トラックバック (0) l top
馬堀
 馬堀海岸を歩いているうちに空模様が怪しくなってきた。昼頃は夏な陽気だった空はいつの間にか曇りとなっている。温泉のロビーでくつろいでいるうちに天気が変わったらしい。
 小雨がぱらついてきた。今日はこの辺で帰路に就くことにしよう。馬堀海岸の道は住宅開発に合わせてか南国ムードがあり、眺めのいいエリアだから、もっとゆっくりしていたかったが仕方がない。まだ時間はあるので、各駅停車でのんびり帰ることにした。
(SONY RX100)
2020.10.07 Wed l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top
馬堀海岸
 浦賀から電車に乗って一駅の馬堀海岸にやってきた。暑い。とりあえず自販機で水を買って飲んだ。
 駅から10分ほど歩くと東京湾に面した海岸に出る。海岸に沿って道路が観音崎の方に延びている。少し歩くと温泉が現れる。以前から行ってみたいと思っていた。次の目的地はここである。
 スーパー銭湯のような施設で館内には色々な店もあり、なかなか広い。風呂は露天もあり、東京湾を眺めることが出来る。
 風呂上がりにロビーでジュースを飲みながらくつろぐ。入湯料金は千円ちょっとなので安いかはともかく、のんびり出来る場所と考えると高くはない。二時間ほど滞在した。
 帰りはまっすぐ駅に向かわず、少し海岸を歩いてみることにした。歩道から東京湾唯一の無人島猿島が見える。
(SONY RX100)
2020.10.04 Sun l 横須賀東部(浦賀久里浜方面) l コメント (0) トラックバック (0) l top