FC2ブログ
DSC00041_R.jpg
 近々、台湾に行くことになっている。この時勢なので渡航については慎重にならざるを得ないが、安全度では日本より良く、マスクを着用してこちらが周囲に移す可能性を軽減すべき配慮をすることこそ大事と捉え、行くことにした。
 旅に持っていくカメラは慣れたものがいいと思い、故障したままになっていたリコーGRを修理して持っていくことにしたが、修理完了日が旅行中となってしまい諦めた(その後、予定より早く修理が完了した)。
 考えてみれば、コンデジを数年買っていない。新しければいいものでもないと考え、古いデジカメを日頃永く愛用している自分ではあるが、以前から気になっていたコンデジを買ういい機会と捉えて、新宿の某有名店のサイトからいい物件を見つけて購入した。
 そのカメラの名は「ソニーRX100」である。現在、M7までモデルが進化したが、私が買ったのは初代だ。ちなみに、初代は現行モデルで、量販店で売られている。しかも、最近少し値上がりまでしている。根強い人気モデルなのだ。
 RX100は1インチセンサー搭載カメラで、コンデジとしては大きいこのセンサーサイズが売りである。コンデジにしては画質がよく、ボケも大きい。コンデジが売れないご辞世にヒット商品となり、他社も1インチコンデジを追随した歴史もある。
 初代モデルが欲しかった理由は「安いから」、もあるが、一番の理由はレンズにある。M3以降M5Aまでは換算24-70mmレンズとなったが、初代とM2は28-100mmなのである。
 広角スタートが24mmのコンデジは多い。パナソニックが先鞭をつけた流行で、自分も以前ルミックスFX-9を愛用していたのだが、正直、24mmスタートは使い辛い。広すぎるのだ。町撮りするにも、風景撮るにも、近接ブツ撮りも、28mmスタートが使いやすい。
 このRX100というカメラ、登場当時から感じているのが、ミノルタの高級コンパクトカメラTC‐1に少し似ているということである。両端を斜めに絞っているのが似ている。ミノルタは前面、ソニーは後方と向きは違うが、とにかく絞っている。
 あるサイトに比較画像があったが、並べてみるとシャッターボタンの位置がほぼ同じで、シャッターフィーリングも似ているという。
 私は友人のTC‐1を借りて東京の谷中を撮影したことがある。ポジフィルムを入れて除いたファインダーは倍率が高くてとても見やすく、何より映りが素晴らしかったことを憶えている。
 そのTC‐1は28mm単焦点の超小型カメラだった。RX100を広角側だけで使うと、気分はTC‐1だ。そして、これはソニーの公式サイトのインタビューに掲載されていたことだが、レンズを設計された方は元ミノルタの設計技師だそうだ。
 その方が、このカメラのズームレンズの望遠側がなぜ100mmなのかについて、かつてミノルタαに三本の優秀な100mmレンズがあったことに因み、ポートレートに最適な画角であると解説している。
 さて、そのRX100を持って公園で試し撮りをしてみた。ボケの綺麗さもさることながら、個人的に気に入ったポイントは、αレンズのようにコントラストが少し強めの良い発色をすることだ。馴染みのある写りと言ってもよい。
 レンズは、カールツァイスのバリオゾナーで、T*コーティングだから、ソニーのαレンズやヤシカコンタックスのレンズと同じ仕様である。機会があったらコンタックスも使ってみたいと思い続けていた私にとって、赤い字でT*と刻まれているだけで何やら気分が盛り上がってくるほどなのだ。
 ということで、これから散歩スナップにこのカメラが登場する機会が増えると思う。海を撮ってみたいカメラである。
スポンサーサイト



2020.02.19 Wed l カメラエッセイ l コメント (0) トラックバック (0) l top
田浦
 十三峠の尾根道を歩いてみた。住宅地を往く道路なのだが随所に眺めのいい所もあり、歩きやすいコースである。
 道は下りになってきた。急な坂の先にループがある。「のの字坂」と呼ばれている橋で、ループの真ん中は公園となっている。ループが交差する箇所に橋が設けられていた。
 このループ、直径140メートルほどだそうで、坂の多い横須賀でも珍しい構造の道だ。このループを下りると、その先には国道16号線が近づく。国道の更に先は横須賀線田浦駅。田浦駅は鄙びた雰囲気の駅だが、田浦のこの辺りは山の麓の静かな町である。
(RICOH GR DIGITAL)
2020.02.17 Mon l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top
十三峠
 十三峠の尾根は細い道路となっていて、そこは住宅地となっている。ここから安針塚駅方向を見ると段々畑があり、農村のような眺めである。横須賀らしさ溢れる谷戸の風景とも言える。
 峠の向こう側は横浜横須賀道路が通っており、そこから分岐する自動車道が横須賀港の方に延びている。
 尾根道を歩いていく。説明柱があった。ここはかつての浦賀道であった。浦賀道とは、東海道と奉行所のある浦賀を結んでいた道で、江戸時代に築かれ多くの人々が往来したが、国道16号線の開通によって国道から降格した。
 浦賀道きっての難所だった十三峠。その名のっ由来は、東海道の分岐点である保土ヶ谷から数えて十三番目の峠であったからという説と、ここに十三仏が並んでいたからという説がある。
 今は閑静な住宅地だが、竹林もあり、なかなか落ち着いた風景の道である。
(RICOH GR DIGITAL)
2020.02.15 Sat l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top
十三峠
 塚山公園から先ほど歩いてきた道に引き返す。
 十三峠という旅情を感じる名の場所である。公園の裏の麓は横浜横須賀道路が通っている。風景は完全に山地である。
 この風景からさほど遠くない所に住宅知があるのだから横須賀の風景は面白く、散歩をしていて楽しい。
 その住宅地を歩いてみることにした。
(RICOH GR DIGITAL)
2020.02.13 Thu l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top
塚山公園
 十三峠から少しそれて、塚山公園にやってきた。訪れるのは久しぶりである。
 ここは最寄り駅の駅名「安針塚」の由来となっている三浦按針(みうらあんじん)ことウィリアム・アダムスと妻お雪の供養塔がある公園だ。
 アダムスは1600年に現在の大分県臼杵に漂着し、一旦は囚われの身となったが、謁見した徳川家康がその人柄を気に入り身柄を預かり、その後は江戸幕府の外交顧問として活躍した人である。
 造船技術を伝え、活躍した功績により、三浦郡に二百五十石を与えられ、領地から名を取り三浦姓となった。按針は「水先案内人」を意味する。
 公園から一段高い位置に供養塔があり、ウィリアム・アダムスの功績についての説明板がある。日本に西洋文明を伝えた偉人なのである。
 公園の海寄りは「見晴台」と名付けられ、横須賀の港を一望できるようになっている。春になれば桜が咲く丘だ。ベンチもいくつも備えられているので、日当たりのいい場所を選んで休憩する。
 私は安針塚駅から山を登ってきたが、車でも来園できる。大きな公園ではないが、眺めがよく、花の時期に訪れるといい所だと感じた。
(RICOH GR DIGITAL)
2020.02.11 Tue l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top
十三峠
 谷戸の付き当たりが近づき、斜面に執りつく道を登り始めた。山道というよりは農道のようなもので、斜面に畑があったりもする。
 あっという間に高い位置に出て、高台の上の住宅知に抜ける道に来た。私は住宅地とは逆側の左に向かった。
 このまま歩くと塚山公園だが、その手前に小さな児童公園があった。住宅地に住む子供向けなのだろうか。それにしては遊具が少ない。
(RICOH GR DIGITAL)
2020.02.10 Mon l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top
東長浦
 安針塚駅から歩きだし、谷戸に入っていく。斜面が迫り、その斜面の上にも住宅が作られている。道は狭いが車は走れるようになっている。運転が大変そうだ。
 変電所や平屋の市営住宅もあった。この手の市営住宅は同じ横須賀市内だと、かつて長井にあったことを思い出す。海のそばに古びた平屋がいくつも並ぶ様は絵になる風景だった。
 駅から歩き始めて数分で山の中に入っていったような眺めになるのが横須賀らしいところでもある。
(RICOH GR DIGITAL)
2020.02.06 Thu l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top
安針塚
 京急で一番乗客が少ない駅は確か安針塚(あんじんづか)である。横須賀市の中心地である横須賀中央駅の三つ手前にある。谷戸の入口に立つ駅だ。
 駅の北側は国道16号線が通り、それなりに住宅街だが、駅の南側は谷戸であり、家も少ない。近年、高台に大きなマンションが建ったが、それでも静かで田舎ないい風景がそこにある。
 私はその谷戸に向かって歩き始めた。
(RICOH GR DIGITAL)
2020.02.05 Wed l 横須賀(横須賀中央田浦周辺) l コメント (0) トラックバック (0) l top
富岡
 常磐線は三月に全線復旧する。上野と仙台を結ぶ特急も復活するという。昔、初めて東北を旅した時、帰りは新幹線ではなく常磐線特急スーパーひたち号で仙台から帰ってきたことを思い出す。
 現時点の暫定終着駅は富岡駅だ。震災後、いわき駅から北までの復旧工事が進行し、竜田駅まで開通してからしばらくは竜田駅が終着駅だった。富岡駅は元々特急停車駅だったから、ここまで復旧させたのは需要上、大切なことだったことだろう。
 富岡駅は被災して大きな被害を受けた駅である。私も被害を受けた駅構内の写真を当時見て衝撃を受けた。そんな富岡駅に列車は近づいていく。窓外は土木工事がまだ進行中で、建設中の橋や積まれた土などが線路のまわりに存在する。
 車内は思っていたより混んでいた。座席は半分ほど埋まっている。鉄道ファンかと思っていたのだが、そうではなく地元の人なのか、仕事の人なのか、とにかく所用があって利用している人であった。駅に着いたあと、皆は駅前からバスに乗り換えていくようである。
 富岡まで来る列車はまだ少ない。駅前からは、この先の相馬方面に向かってバスが出ているのだ。これももうすぐ鉄道に置き換わる。
 富岡で降りて散策をしようと考えてもいたが、工事中の駅周辺であり、折り返し時間も短いので、ホームで佇み景色だけを眺める。ホームも駅舎も真新しい。
 折り返しのいわき行きが発車した。太陽は山肌に隠れてきた。途中、反対方向を元スーパーひたち用車両651系を使った普通列車がすれ違った。特急車両を使った普通列車だ。こちらは三月の全線復旧で運用から離れることになる。
(iPhone5)
2020.02.03 Mon l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久ノ浜
 末続(すえつぎ)駅から一駅戻り、久ノ浜(ひさのはま)駅にやってきた。ここも海の近くの駅である。
 駅前は住宅街で、駅前広場にはタクシーも一台停まっていた。駅員もいて、ちょっとした田舎の町の駅という風景だ。
 海が近いからか寒い。自販で飲み物を買って飲んだ。歩いている人はいない。静かすぎる駅前だ。時間もないので、ホームに出て電車を待つ。ホーム上にドア付きの待合室があった。
 やってきた電車は混んでいた。鉄道ファンかと想像してみたが、旅を楽しんでいるような浮ついた感じはなく、皆、押し黙っていた。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME ※135判換算47mm F1.9)
2020.02.01 Sat l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top