FC2ブログ
小金城址
 次の駅は小金城址駅だ。読んで字の如く、城があった場所である。この駅は流山線で唯一行き違いの出来る駅もあり、駅に着くと下り電車が停まっていた。
 駅は橋上駅舎だが、プレハブの簡素な構造だ。周辺は住宅街だが、駅から城跡の丘が見える。徒歩10分ほどの距離だ。
 小金城は戦国時代、高城氏の居城だった。街道筋の城でもあるので重要な拠点城であり、高城氏が仕えtいた千葉氏が小田原北条家の傘下となると、北条家の重要な拠点のひとつとなった。
 関東の城は、小田原合戦を境に主が代わったり、廃城の道を歩んだりと、いくつもの名城が朽ちていったが、小金城もその歴史を顧みられる事はあまりなく、城郭のほとんどは近年宅地開発によって姿を変えてしまったそうだ。このあたり、鎌倉市にある玉縄城と似たケースかもしれない。以前は広大な遺構が残っていたという点も共通している。
 玉縄城もそうだが、ここ小金城も北条家が関東の覇者として戦国時代以降も君臨していたら、このマンションや一戸建ての並ぶ丘の上に天守閣でも出来ていたのではないかと、そんな妄想をしたくなる城である。今のこの風景を高城氏の人々が知ったら嘆くだろうとも思った。
 そんな風景の片隅に「歴史公園」という名で、遺構の一部が残されているのが、せめてもの救いか。北条家ならではと言える築城技術の片鱗を窺う事が出来る事だ。
 特に、伊豆山中城にある事で城マニアには有名な、畝堀、障子堀の一部が保存されている。土が積もっていてわかりにくいが、堀の地面に凹凸が出来ている事が写真でもおわかりいただけるだろう。
 史跡としての面積は広くないが、なかなか雰囲気のある公園である。
(SONY α7Ⅱ LENS:MINOLTA AF 24mm F2.8 NEW ※LA-EA4使用)
スポンサーサイト



2018.08.30 Thu l 神奈川県外の戦国史跡 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鰭ヶ崎
 平和台駅の次は鰭ヶ崎駅だ。「ひれがさき」と読む難読駅名。景色はこの辺りから農村と住宅地の融合した眺めとなる。
 降りてみると、一面のホームと、小ぶりな駅舎が住宅地の隙間に立つ駅だった。駅の近くに古墳があるようなので、行ってみようと歩き出した。
 踏切がある。方角としては、向こうに見える林の辺りがそのようである。しかし、踏切を渡ると、林の周辺は立ち入り禁止となっていた。仕方ないので引き返す。来た道とは違う道を回って駅に戻ると、途中、何か所か宅地造成が行なわれていた。風景が変貌していく途上にある駅なようだった。
(SONY α7Ⅱ LENS:MINOLTA AF 24mm F2.8 NEW ※LA-EA4使用)
2018.08.28 Tue l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
平和台
 流山駅からは起点の馬橋(まばし)駅に向かって一駅ずつ降りていくことにした。沿線の予備知識はさほどない。降りてみて案内板を眺めて行き先を決めたい。
 まずは平和台駅で降りた。流山からはすぐの所で、駅の周辺も住宅地である。ホームは一線のみで、駅舎の反対側には植え込みのある広場が造られてあった。
 駅から徒歩10分ほどの所に赤城神社があるとわかり、そこに向かうことにした。夕方の買い物渋滞なのか、道路は車が繋がっている。押しボタン式信号で横断し、大型スーパーや家電店を横目に、住宅地の中に入っていく。
 赤城神社は丘の上にあった。すぐ近くを江戸川が流れている。町を見下ろすように静かに佇む、雰囲気のある神社だった。流山線の電車は編成ごとに色分けされ愛称が付いているが、赤い電車は「あかぎ号」である。
 歩いているだけで汗が出てくる蒸し暑さを少しでも和らげるため、帰りはスーパーの店内を横切って駅に向かった。
(SONY α7Ⅱ LENS:MINOLTA AF 24mm F2.8 NEW ※LA-EA4使用)
2018.08.26 Sun l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
流山
 流山駅を降りて、町を歩く。流山は古い建物の残る町で、そんな建物の中に浅間神社が立っていた。さっそく参拝する。
 浅間神社と言えば富士山信仰の神社である。富士山を形どった富士塚が境内にあった。
 小雨が降るという天気予報が当たり、弱い雨が降ってきたが更に歩く。すぐに江戸川の土手に出た。この辺りまで来ると川幅は少し狭くなる。向こうは埼玉県だ。
 土手を下りて町中に戻ると、新選組近藤勇陣屋跡があった。説明版もあり、往時の雰囲気を今に伝える。
 ざっと見て回り、流山駅に着く。一日乗車券を買っているので、これから一駅ずつ降りていこうと思う。
(SONY α7Ⅱ LENS:MINOLTA AF 24mm F2.8 NEW ※LA-EA4使用)
2018.08.24 Fri l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
流山
 千葉県の松戸市に馬橋という駅がある。常磐線の各駅停車だけが停まるこの駅のはずれから、単線のローカル私鉄がひっそりと出ている事を知る人はそれほど多くない。
 500円の一日乗車券を握り締め、やってきたのは終着駅の流山。わずか10分ほどの旅だ。元西武の黄緑色の電車の車内に掲げられた路線図などの案内表示はイラストになっている。電車のヘッドマークによると、地元高校生が制作したものらしい。
 今日は流鉄流山線の全駅を巡る旅である。
(SONY α7Ⅱ LENS:MINOLTA AF 24mm F2.8 NEW ※LA-EA4使用)
2018.08.22 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
DSC02836_R.jpg
 フルサイズミラーレスという言葉がカメラ業界で沢山囁かれている昨今、自分でもそのフルサイズミラーレスというものを使い始めて、「ああ、これは便利だ」と感じている今日この頃だ。
 と言っても、EマウントのFEレンズ(フルサイズ用レンズ)を持っていないので、性能の神髄にはまだ触れていない。たとえば、画面の隅々までピントが合うAFポイントの広さであるとか、連写(自分は普段この機能は使わないが)だとか、ソニーならではの機能である瞳AF(生身の人間に限らず、写真でもピントが合うそうだ)など。中でも、瞳AFの凄さは味わってみたいとは思う。
 少し前にタムロンがF2.8通しの標準ズームを発売したので、今後サードパーティーのレンズが増えそうなEマウントだ。マウントは仕様を公開しているので開発がしやすいのだとシグマの関係者も公言しており、毎月のように新しいレンズが世に送り出されていくことだろう。
 そんな流れを歓迎しつつ、資金的にレンズの買い増しが容易でない自分は、ソニーから発売されているAF対応マウントアダプターを介して、Aマウントのレンズを楽しんでいる。ミノルタのフィルムカメラ時代のレンズは案外デジタルでも遜色なく使え、しかも我が家にある8~10年前のソニーのデジタル一眼レフで撮るよりも画質が良くなる。
 今時の「開放からパキパキです」というレンズとは異なるが、パキパキにそれほど拘らない自分には、Aマウントレンズの柔らかな諧調は好きである。
 元々、キヤノンで一眼レフを始めた自分が、Aマウントに移った理由もそのあたりにあるし、そういう「始めの動機」を現代のハイテクによって堪能しつつ振り返ることが出来るのは楽しい。
 まだ手持ちのAマウントレンズを全て試した訳ではないので、秋になったら少しずつ使ってみたいと思っている。
(SONY α7Ⅱ LENS:MINOLTA AF 50mm F2.8 MACRO NEW) 撮影地 川崎桜川公園
2018.08.18 Sat l カメラエッセイ l コメント (0) トラックバック (0) l top
白楽
 アーケードの端まで来たので引き返し、白楽駅に向かう。商店街が尽きたあたりで右折すると細い道があり、すぐ先が駅だ。
 白楽駅は道の先に改札がある造りで、道からは段差なくホームにアクセスできるバリアフリーな構造だった。路面電車の駅を彷彿させる造りでもある。
 歩いて暑くなったのでホームに出て飲み物を買った。東横線というとお洒落タウン電車なイメージがあるが、こういう庶民的な町もあるのである。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME)※135判換算47mm F1.9  ※※auto110モードで撮影
2018.08.15 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
六角橋
 アーケードには飲食店もある。こういう場所にある店だと、時間を忘れてくつろぐ事が出来そうだ。歩いているだけで歩速がゆったりしてくる。
 突然、道端に予期せぬオブジェが表れてびっくりするのがまた楽しい。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME)※135判換算47mm F1.9  ※※auto110モードで撮影
2018.08.12 Sun l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
六角橋
 アーケードは狭いが、屋根は暗い所と明るい所がある。少し歩くと、雑貨屋などが並ぶ少し明るい所に出た。
 近くには大学もあるので、こういう趣味の店みたいな場所もあったりする。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME)※135判換算47mm F1.9  ※※auto110モードで撮影
2018.08.11 Sat l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
六角橋
 小さなアーケードを横切る小道がいくつもある。その小道も静かな日常に溢れ、夏を映し出していた。
 屋根があるからか、アーケードの中は意外に涼しい。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME)※135判換算47mm F1.9  ※※AUTO110モードで撮影
2018.08.08 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
六角橋
 古びたアーケードに小さな食堂や喫茶店があるのを見つけると胸がときめく。時間があると入ってみたりもする。
 今回は入らなかったけれど、この町は雰囲気のある店が集まっている。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME)※135判換算47mm F1.9  ※※AUTO110モードで撮影
2018.08.07 Tue l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
六角橋
 白楽駅の近くまでやってきた。商店街が現れた。六角橋商店街」だ。ここは、表通りと並行するように細く古いアーケードがあるのだ。今回はそこを歩いてみる。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME)※135判換算47mm F1.9
2018.08.06 Mon l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
東白楽
 東急東横線の東白楽駅にやってきた。高架上にある駅で、駅の横を幅の広い道路が通り、賑やかな場所である。
 線路の右に沿って歩くと、そこは東に向かって坂になっていた。線路はその坂の下の緩やかな麓を通る。
 そういう地形だからか、ガード下の高さにも余裕がない。さて、そんな景色だが、この先に下町的商店街があるのだ。
(PENTAX Q LENS:PENTAX 01 PRIME)※135判換算47mm F1.9
2018.08.05 Sun l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
湯河原
 湯河原駅は静岡県のお隣の駅である。トンネルを抜けると熱海。町の風景も伊豆の風景に近い。海岸の伸びやかな感じなど伊東駅の周辺や宇佐美の海岸など。
 そんな湯河原駅のホームに降り立つと、駅の横に大きなマンションが出来ていた。ホームから町の景色が半分隠れてしまっている。
 バブルの頃と違い、湯河原くらいの距離から都心から通勤する需要はなさそうなので、リゾート型マンションなのか、或いは老人ホームのような施設なのか。
 その是非は問わないが、あまりに大きな建物が駅横に出現していたので驚いたのだった。気を取り直して熱海寄りに向かう。こちらは線路の向こうに山がそびえる。小田原から熱海にかけては箱根の山が海に向かって鋭く落ち込んでいく地形なので険しい海岸線が続いている。この山の向こうの熱海も斜面に作られた温泉街だ。
 その熱海に向かって伊豆特急が駆け抜けていった。
(iPhone5)
2018.08.01 Wed l 真鶴・湯河原 l コメント (0) トラックバック (0) l top