ポートアイランド
 神戸空港は新しめの空港だけあって、ロビーはとても綺麗だった。広いとは言い難いが、観葉植物が置かれ、整った空間が演出されていたのが印象的。
 ポートライナーの路線は、6の字の下に棒を付け足したような形になっている。行きは左側を経由したので、帰りは右側を経由して三宮に向かうことにした。
 分岐駅となる市民広場駅で乗り換えのため下車。これから乗る北埠頭回りというルートは、三宮~神戸空港の系統とはホームが異なるため、エスカレーターを上り下りする。ホームに上がると、ちょうど列車が来ていた。
 ポートアイランドは埋め立て地特有の殺風景さがあまりなく、建物は瀟洒で、沿道には緑も多い。関東の埋め立て地ではあまり見られない、自然を感じる埋め立て地である。
 六甲山地の眺めと、海を渡る二か所の橋(特に神戸空港に至る橋は長いので見晴しがいい)。そして、このように整った街並み。日本全国にある新交通システムに一通り乗ってきた私が選ぶ、「日本一景色のいい新交通システム線」である。ぜひ夜景も楽しんでみたい。次回来る時は夜に乗ろう。
 北埠頭周辺は駅名のとおり、少し倉庫街の雰囲気もあり、埋め立て地らしい眺めだったが、やはりポートアイランドと三宮の市街地を結ぶ鉄橋の辺りから見る六甲の山並みと港の風景は素晴らしい。
 ポートライナーは、日本初の新交通システム路線。まだ乗ったことのない人は、ぜひ神戸に来た時に観光も兼ねて乗ってみることをおすすめしたい。
(RICOH GR)
スポンサーサイト
2017.08.31 Thu l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
神戸空港
 六甲アイランド線の車窓風景は思っていたより、ずっと良いものだった。それもその筈、このあたりは六甲山地が海岸近くまで迫り、とても景色のいい地域なのである。大阪と神戸の間を移動する電車。阪急神戸線、JR東海道本線、阪神本線でもその眺めを堪能できる。
 その山の雄大な眺めと市街地をひとまとめに一望できるのは、高架上を走る新交通システムならではで、山だけでなく、港湾施設もよく見渡せて楽しかった。
 さて、ふたたび住吉駅に戻り、神戸駅方面に向かう。神戸市最大の繁華街の三ノ宮駅(阪急と阪神は三宮と表記)に着いた。ここに来るのは久しぶりだが、ある程度は構内を把握しているので、迷わずポートライナーの乗り場に向かう。
 ポートライナーの正式名称は神戸新交通ポートアイランド線で、六甲ライナーこと六甲アイランド線の仲間である。
 六甲アイランド線同様、この線の景色はとても良く、今世紀になって開業した神戸空港に向かう線と合せて、二回も海を越える橋があるのが絶景ポイントなのである。
 路線は、数字の6を反対向きにしたルートに、下の部分で分岐した神戸空港方面の線で構成されている。神戸空港への区間はまだ乗ったことがないので、まずはそちらに向かった。ポートアイランドから神戸空港の敷地へ渡る橋の上から見る空港の風景と、青い海。もちろん、反対方向には、ここでも六甲山地がそびえる。
(RICOH GR)
2017.08.30 Wed l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
マリンパーク
 南海和歌山市駅から南海加太線に乗って、友ヶ島への最寄りとなる港町加太を歩いたあと、神戸までやってきた。
 東海道本線の住吉駅で降り、ICOCAをチャージした私は、神戸新交通六甲アイランド線。通称六甲ライナーに乗った。
 六甲ライナーに乗るのは初めてである。住吉駅で降りるのも初めてだ。日本酒の酒どころのひとつ灘の酒の本場の地域らしい。
 橋を渡って六甲アイランドに入ると、緑が意外と多い埋め立て地で、そこに大きなマンションなどが建っている。あっという間に、終点のマリンパーク駅に着いた。駅の周囲はフットサル場やプールがあり、子供の声の響く明るい空間であった。
 改札を出て駅前のデッキを歩くと、頭上には六甲ライナーの車庫に向かう高架がクロスし、その先は海の方向に歩道橋が延びている。
 暑さが厳しく、駅の周りを眺めただけに終わったが、明るく落ち着いた雰囲気の臨海地区といった感じは、好感の持てる終着駅だ。
(RICOH GR)
2017.08.28 Mon l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
和歌山城
 関西私鉄のまだ未乗路線に乗る事と街歩きを目的に、二泊三日の旅をしてきました。しばらくはこの話を書いていきます。

 日曜の夜、東海道本線を乗り継ぎ、観光客と買い物帰りの人でごったがえす大阪環状線のホームから紀州時快速和歌山行きに乗って、和歌山駅に着いたのは18時55分。空はもう夜が始まっていた。
 和歌山には何度も訪問しているが、泊まるのは初めてだった。マンションみたいな宿にチェックインしたあと、評判のラーメン屋に行く。普段は外でラーメンを食べる事は滅多にしないが、旅先でラーメンが有名な町に泊まると、ついつい行きたくなる。
 翌朝、南海電車に乗るために和歌山市駅に向かう。バスで行くつもりだったが、予定より早起き出来たので徒歩で向かった。
 和歌山駅と和歌山市駅という二つの大きな駅の中間に和歌山城がある。徳川御三家の城だけあって、とても広い。町中にあるので平城かと思っていたが、天守があるあたりは小山になっていて、坂を登る。
 石垣の積み方は荒々しく、そこに付いた苔がよく似合う、勇ましい城だ。天守閣は復元天守だが、雰囲気は満点だった。
(RICOH GR)
2017.08.27 Sun l 神奈川県以外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上溝
 久しぶりにGR DIGITALを持ち出してみた。行先は相模線である。
 相模線は茅ヶ崎から相模原市の主要駅のひとつである橋本までを結ぶ路線。橋本にはリニア中央新幹線の駅が出来る予定なので、開通後はリニアと湘南地区とを結ぶ路線として、快速などが走るようになるかもしれない。
 そんな相模線だが、ドアはボタンでで開閉する半自動式で、途中には無人駅もあるくらいに、少しローカル線な風情がある。相模原市の官庁街にほど近い筈の上溝駅も、丘の中のローカル駅という雰囲気は少しある。
 駅そのものは高架駅で、一番線しかない駅ではあるが、駅前にはバス乗り場もあり、きれいに整備されてはいる。その向こうに丹沢の山が見えるのがいい眺めだ。
 駅のすぐ横に公園となっている丘があり、そこだけを切り取ってみると、高架駅という雰囲気も失せて、良い感じでローカル駅な風景となる。電車は四両編成。正面のデザインが相模線独自のものである。
 GR DIGITALは露出が少しおかしくなっていて、アンダー気味に写ることを思いだしつつ、CCDっぽさのある画と夏の空気の親和性を楽しむ。
(RICOH GR DIGITAL)
2017.08.23 Wed l 旧津久井郡・相模原 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新高島
 新高島駅は以前は駅名標に「マリノスタウン」と書かれていた時期があった。その名のとおり、マリノスの練習場であるマリノスタウンの最寄り駅だったのだ。
 マリノスタウンは県から借りた土地に造成された練習場であったので、長期契約の期間の更新時期にマリノス側が更新を諦め、今はみなとみらい地区から撤退してしまった。
 新高島はビルやマンションが建つ地区ではあるが、まだまだ空き地になっている場所もある。この辺りは土地も高いようだし、運用できる団体は限られてしまうだろう。
 もし、マリノスタウンにスタジアムが建っていたら?なんて妄想をする。チーム名が船員を意味するものであるのに、ホームスタジアムが海から離れた場所にある現状は物足りない。決して見やすいとは言えない「巨大陸上競技場」でサッカーをやっているというのは、興行としてもベストな選択ではないだろう。
 新高島駅のひっそりとした構内に、賑わいが訪れる日は来るだろうか。みなとみらい線は地下線だが、線内は優等列車の運転が行われている。横浜~元町・中華街の間を、特急はみなとみらいのみ停車、急行は新高島だけ通過して後は各駅に停まっていく。
 そんな訳で、特急も急行も通過し、各停だけ停まる駅である新高島駅に佇み、そのオフィスビルを思わせる外壁を眺めながら、沿線にひとつくらいは観光とは無縁の駅があってもいいねと思いながら、電車に乗り込んだ。次は横浜駅。今回の、みなとみらい線各駅撮影の旅はここまでとなる。
(RICOH GR)
2017.08.21 Mon l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新高島
 新高島駅にやってきた。乗った電車にはポケモンのイラストがラッピングされていた。
 新高島は日産自動車の本社がある場所だが、みなとみらい線の他の駅に比べると観光地は少なく、受講客も少ない。私もライブハウス横浜ブリッツがなくなってからはご無沙汰な駅である。
 だからだろうか、都会の中にある駅であるのに、とても静かな環境で、なかなか落ち着く駅である。大都会の中にある静かな地下駅というと、大阪の人には地下鉄千日前線の駅のような感じと言えば通じるだろうか。
 駅自体は新しく天井も高い駅だ、新高島駅も、デザインに凝ったみなとみらい線の駅のひとつなのである。
(RICOH GR)
2017.08.20 Sun l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなとみらい
 みなとみらい駅はランドマークプラザと直結していて、長いエスカレーターが駅と商業施設とを結んでいる。
 そのエスカレーターはホームからも見ることが出来る。この駅に来る度に、設計者の心意気を感じる。観光客が大勢訪れる駅だから、印象に残る造りとなっているのだろう。
(RICOH GR)
2017.08.19 Sat l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなとみらい
 みなとみらい駅に着いた。ここはホームの上が吹き抜けになっていて、ランドマークタワーから駅に通じるエスカレーターや、ホームの上を横切る通路などが、ホームから見渡せる。
 そういった眺めは、未来的であり、駅名と合っているコンセプトなデザインの駅だと感じる。観光地であり、ショッピング街でもある場所なので、多くの人で賑わう駅である。
 みなとみらい線は地下鉄風情な路線だが、急行や特急が運転されており、横浜~元町・中華街の間にある駅で唯一、特急が停車する駅である。
(RICOH GR)
2017.08.18 Fri l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
馬車道
 馬車道駅に移動した。ここは駅名にもなっている通りが関内駅から港に向かって伸びている場所だ。
 周辺は洒落た飲食店の多いエリアで、官庁街でもある。古い建物が多く残る港町ヨコハマというイメージは、この駅の周辺の風景ともいえる。
 駅自体は割と地味である。日本大通り駅と同じようない煉瓦の壁になっているが、ベンチがアクリルの透明なものだった。これはレトロ演出とは違うが、駅のベンチのイメージとはかけ離れた洒落た演出だと感じた。
(RICOH GR)
2017.08.16 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本大通り
 日本大通り駅は横浜スタジアムにほど近い駅という事で、駅構内にはベイスターズの広告が溢れていた。
 ホーム上に置かれたモニタでは、情報が流れている。エスカレーターにはポスターが貼られていた。ここまで飾られていると、ホーム感は確かにある。
 試合の日に訪れると、一味違った風景が見られそうだ。
(RICOH GR)
2017.08.13 Sun l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本大通り
 次の駅、日本大通り駅にやってきた。ここは壁が煉瓦になっている。駅ごとにデザインだけでなく、壁も違うのだ。ホーム上を調べていくと、小物が茶色に統一されており、消火栓も赤ではなく茶色だった。
 観光客も利用する駅だが、この日はそれほど人も多くなく、静かな駅だった。そういう方が写真は撮りやすいから有り難いのは言うまでもない。
(RICOH GR)
2017.08.12 Sat l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
元町・中華街
 大阪の地下鉄御堂筋線の駅みたく、天井が高く、デザインも凝った地下鉄駅は東京には少ない。それは色々と事情があるのだろうが、画一化された駅というのは面白くないものだ。
 みなとみらい線の駅は、どの駅もデザインや装飾を変えてあり、駅ごとの個性を作り上げている。これはとても素晴らしい事だと思う。観光客も多く乗るからこそだろうけれど、関係者の英断に拍手。
 ホームには色んな会社の電車が入ってくる。東京メトロ副都心線の電車が入ってきた。
(RICOH GR)
2017.08.10 Thu l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
元町・中華街
 夏は暑い。暑さには割と強いが、日焼けしたくないのだ。
 そうなると、撮影に出るのが億劫になる。夕方から撮影に入るという手もあるが、現地における、それまでの時間の過ごし方を工夫しなければいけない。
 どうしたものかと思っていたある日。ふと、思い立って横浜のみなとみらい線に乗りに行くことにした。元町・中華街駅からスタートして、東横線との接地点である横浜駅までを各駅撮り歩いてみようという企画だ。
 みなとみらい線は地下線なので暑さとは無縁だ。まさに、夏にふさわしい撮影散歩(散歩とは言い難いが)だ。
 という訳で、元町・中華街駅にやってきた。文字通り、観光スポットの最寄り駅なので、なかなかの賑わい。と思ったのだが、私がやってきた時は空いていた。駅の壁には昔の横浜の風景が広がる。濃いめのグレー、グラファイトと呼んでいいのだろうか?その色彩と、その昔の風景写真が絶妙にマッチしている駅だ。
 という事で、今回から高感度でノイズ多めの写真で地下駅スナップ!をしばらく掲載予定。
(RICOH GR)
2017.08.09 Wed l 横浜港周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
野島
 沿線風景は倉庫街になっていった。朝夕しか走っていないバス停があったので、そこのベンチに座って缶コーヒーを飲む。
 シーサイドラインの高架は、今度は右カーブし、海岸線に沿うような位置関係になる。
 やがて、岸壁が見え始め、その向こうには八景島とシーパラダイスに施設が見えてきた。その向こうに見えるのは、お隣横須賀市の工場地帯だろうか。
 八景島を過ぎ、柴町の漁港を回り込むようにして歩きながら、人工の海浜公園である「海の公園までたどり着いた。さすがに歩き疲れてきた。三時間以上は歩いただろうか。終点の金沢八景までは三駅だが、ここから金沢八景までは何度か歩いているので、ここで沿線散歩は終了する。
 海の公園柴口駅似着くと、あちこちに「柴口このみ」が溢れていた。券売機の横、自販機の横、エスカレーターの脇、通路の壁、いたる所に彼女の笑顔が貼られている。
 金沢八景行きの列車に乗る。クロスシートの部分が空いていたので、そこに座ると、やがて窓外には平潟湾と野島が見えてきた。列車は平潟湾の上を横切りながら、金沢八景の町に入った。現在、京急の金沢八景駅に横付けするための工事中である。この金沢八景駅の姿が見られるのは今のうちということになる。壁に貼られた柴口このみが、新駅でも笑顔を振りまいているだろうか。新駅開業が楽しみである。
(uPhone5)
2017.08.02 Wed l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top
幸浦
 道路に沿ってシーサイドラインの高架が並走している。その向こうに広がる木々は並木公園だ。道路を挟んで工場地帯と大きな公園があるという不思議な風景。
 幸浦駅を過ぎると高架は左にカーブして道路を越えて、海側に向かっていく。カーブを曲がりきったあたりに、横浜金沢ハイテクセンターというビルが建っている。ホテルも併設されていて、とても綺麗な建物だ。
 暑さに疲れてきたので、ちょっとここで休憩。新杉田から歩き始めて、小休止を抜いた歩行時間は二時間近くが過ぎている。疲れはあまり感じず、なかなか楽しい。まだまだ歩こう。
(iPhone5)
2017.08.01 Tue l 横浜郊外 l コメント (0) トラックバック (0) l top